アドセンスのインフィード広告は稼げない!?半年間使用してみた結果

十円玉

すでに使用されている方はご存知の通り、アドセンスの広告ユニットには「テキスト広告」や「関連コンテンツ」などいくつか種類があります。

このブログでもどれくらい収益があるのか色々と広告や貼り方を検証していますが、先日アドセンスのデータを見ていたところ、ある広告ユニットが全く稼げていないことが判りました。

それが「インフィード広告」。

今回はインフィード広告について、どれくらい稼げるのか、果たして使う意味があるのか書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

インフィード広告とは

まだブログを始めたばかりの人やこれからアドセンスの運用を考えている人のためにインフィード広告とは何か説明すると、記事の一覧(トップページ)が表示された際、そこに記事のように溶け込ませた広告のことです。

以下が実際に使用していた時の画像(現在は外しています)。

インフィード広告

赤枠で囲った部分がインフィード広告ですが、ご覧の通り記事の間に表示されるため、まるで広告が記事であるかのように見えます。

インフィード広告は自分のブログに合うようサムネのサイズ調整などが必要なため、ただ貼ればいい他の広告より少しだけ面倒な広告です。

広告色は消せる?

前述の通りインフィード広告は訪問ユーザーに対して「記事と思い込ませてクリックさせる」広告であるため、おそらくユニットの中ではかなり広告色が消せるユニットだと思います。

配置位置に関しても、記事の文中にぶった切って入れるような広告ほど邪魔にはなりません。

そんなわけでとりあえず半年間運用してみたのですが…これがまぁ全くと言っていいほど役に立ちませんでした。

半年間でインフィード広告から得た収入

300円

半年で得た収入は、わずか300円程度でした。

ひと月でも少ないのに半年でこれとは…

ブログタイトル直下に広告を設置した時よりひどい結果です。

関連記事ブログタイトル直下にアドセンス広告を貼って稼いだ三ヶ月間の収益を公開

先日の300記事達成を報告した記事でも書きましたが、現在このブログは月間約10,000PVあります。

にもかかわらず、インフィード広告のクリック数はほぼ毎月0

このブログでクリックが月に一度もない広告はこの広告だけです。

収益にならない理由

なぜここまで極端に収益にならないのか、考えられる理由をいくつか挙げてみます。

トップページを閲覧する人は少ない

そもそもブログへの訪問ユーザーというのは、検索でヒットした記事へ直接遷移するため、トップページのみに設置しているインフィード広告は表示すらされません。

実際にアドセンスのデータを見ても、広告の表示回数は他のユニットに比べて1,000分の1以下

これでは収益が発生しないのも仕方ありません。

逆にトップページへ来てくれる人は、ブログをブックマークしてくれているリピーターです。

しかし、何度もブログへ来てくれる人はもうどれが広告か分かっているので、インフィード広告に限らずクリック率は大きく下がってしまいます。

表示に時間がかかるため結局広告だと分かる

どんなブログでもアドセンスの広告は表示されるまでに若干時間がかかります。

そのため、トップページへ飛んですぐ下へスクロールすれば、記事より遅れて広告が表示されるので結局広告だと分かってしまいます。

インフィード広告が効果を発揮する場合とは

考える男性

ここまでだとインフィード広告は果たして何のために存在しているのか疑問に感じますが、場合によっては効果を発揮するかもしれません。

例えば以下のようなケースです。

PV数が多いブログ

PV数が多いブログが使うことで初めて意味がある広告なのかもしれません。

というのも、単純にPVが多い人気ブログであればトップページへ流れて来る人も増えるため、クリックされる可能性は大きく変わります。

それでも収益は広告の中では低い方だと思いますが…

画像素材サイトなどの特殊なジャンル

画像素材サイトの中には、画像の中にランダムで広告を紛れ込ませていることがあります。

おそらくあれもインフィード広告だと思いますが(実際に素材サイトを運用したことがあるわけではないので定かではありませんが)、ブログとは違いどのページでも表示させることが出来るので大きな効果が見込めるのではないでしょうか。

利用している人は少ない

私が普段チェックしているブロガーさんたちの中には、インフィード広告を使っている人は一人もいません。

ネットサーフィンしても利用者は少ない印象にあるので、やはりそれだけ収入には期待できないということなのかもしれませんね。

また、ページ内にアドセンス広告が多くなるとブログの表示速度を落とす原因にもなるので、あまりにも「視認されていない」「クリックされていない」などの無意味な広告は外すことをおすすめします。

関連記事サイトの表示速度は超重要!PVを上げるために最適化を図ろう

まとめ

半年間インフィード広告を使ってみたところ、ほとんど収益にはならず意味がないということが判りました。

少なくとも、まだPVが足りていないブログには設置したところで無意味でしょう。

このブログは数多くのブロガーを参考にした現在の広告配置が最も収益が高いので、アドセンスの配置に悩んでいる人は一つの例として、是非参考にしていただければと思います。

関連記事アドセンスのクリック単価(CPC)を100円まで上げた方法

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする