ブログのアンチコメントやアンチメールについて思うこと

シェアする

ブログやサイトを長く運営していると必ず経験するのがアンチコメントやアンチメールです。経験したことがないという人はまずいないでしょう。これらアンチ行為は一切相手にしてはいけません。

今回はブログ運営で避けては通れない「他人からのアンチ行為」について思うことを書きます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

世の中に必ず存在するのが「アンチ」

ブログに限らず世の中に必ず存在するのがアンチです。真っ当に生きている人はこのアンチという存在が本当に理解できないことかと思います。

しかしそれは世の中になぜ犯罪行為に手を染める人間がいるのかわからないのと同じ。つまり理解しようとすること自体に意味がありません。人が人である以上、到底理解が及ばない獣にも劣る人間は必ずいます。

今や人気動画サービスの「YouTube」でも、どんな動画にも必ずと言っていいほどアンチコメントは湧いていますが、あれらコメントを書き込んでいる人間は非常に醜い存在だと私は思います。

投稿者の容姿や振る舞いをただ詰ったり、暴言しか吐かない知能の低さを露呈したコメントなど、品性の欠片すら微塵も感じられない悪口雑言たる様は見るに耐えません。

アンチ行為をする理由

前述した「理解が及ばない存在」と矛盾してはいますが、それでもアンチコメントを書き込む人間の心理や理由というのを私なりに考えてみたいと思います。

敢えて反対する自分に酔っている

大多数の人間が褒めたり認めたりするものを敢えて真っ向から反対・反論する。そんなマイノリティを貫く自分の姿に酔っているケースです。

これはおそらく年齢的にも低い人間に多いと思われます。

他人の足を引っ張りたい

「他人の不幸は蜜の味」という言葉があるように、とにかく他人の邪魔をしたい人間です。

自分の時間を消費してまで他の誰かを貶し傷付ける無意味な行為。やはり普通の人間には理解することができません。

自分の人生が上手くいっていない

学業や仕事など自分の人生が上手くいっていない、行き詰まっている人間にアンチ行為や迷惑行為というのも多くみられます。例えば、ニュースで取り上げられる犯罪者に「人生どうでもよくなりヤケになった」「誰でもよかった」なんて供述する頭のおかしい人間っていますよね。

もはや「道連れ」という思考回路になっています。

そもそも不満なく生活している人はアンチ行為などしません。

アンチを相手にすることほど時間の無駄はない

私の別で運営するブログでも以前アンチコメントを書いてきた人間はいます。匿名をいいことに初対面の人間に向かっていきなりのタメ口、ひいては非難するような内容。当然相手にはせずスパムとしてブロックしました。

すると面白いことにそのアンチは、コメントした内容が表示されなかったのがメールアドレスの項目を記入しなかったことが原因かと思ったんでしょうね。律儀に今度はアドレスを追記してもう一度同じ内容を送信してきました。ブロックされていることがわからないほどの脳みそ。チンパンジーのそれと同等ではないでしょうか。

生憎私はチンパンジーに向けてブログは書いていません。

兎にも角にも、大事なのはこの「相手にしない」ということです。基本的にアンチ行為は相手にかまってほしくてする行為。なんらかのリアクションがほしいのです。

返事をするのは餌をあげてしまうのと同じであり相手の思う壺。

もちろん、ブログの内容に対してしっかり敬語で間違えを指摘するようなコメントであればそれはアンチにはなりません。

見境なくひたすらに悪口を書き込みたい哀れな人間はスルーしましょう。アンチを相手にすることほど時間の無駄はありません。アンチ行為をする人間は独りでどこまでも堕ちていけばいいのです。

「関わらない」これが答えです。

まとめ

今回は少々汚い言葉も使ったので不快に思われた方は申し訳ありません。もしもアンチに対してアンチと同じような言葉で言い返した経験がある人は、そのようなことに割く時間は本当に勿体ないことです。放っておきましょう。

自分の信じたことを続け、自分にとってプラスになる人と関わり、他人に迷惑をかけずに生きていきたいですね。

コメントスパムの対策についてはこちらの記事もご参考にどうぞ。

ブログ運営に付き物なのが「スパム行為」。今回はそんなスパムからそもそもコメントは必要なのか、停止するとどんなメリットデメリットがあるのかなど...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする