【過去と言っていることが違う?】ブログを続けることで生まれる「矛盾」について

シェアする

ブログをそれなりに続けると「今と昔で言っていることが違う」なんてことが起こり得る可能性があります。

今回はブログ運営を続けることで生まれる矛盾について書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

過去と今で内容の矛盾は意外とある?

ブログ歴が長くなると過去に書いた記事と言っていることが違う、いわゆる「矛盾」が生じることがあります。このブログでも一年近く前に書いたものを読み返した時に、今の考えとちょっと違うかなぁ?と感じたことはありました。

例えばですが、過去には「ブログの文字数は多い方がいい!」と言っているのに今では「コンテンツが良ければブログに文字数は関係ない!」と言っているようなことですね。

もちろん過去と今で言っていることが違い過ぎて読者の誤解を招くようなものは修正するべきだと思います。ですが上で挙げたようなケースだと、どちらも場合によってはそれほど間違えていないかなと思うので無理に修正する必要もない気がします。

このような矛盾が生まれてしまう原因としては、ブログを始めたばかりは知識が乏しいということもあり、手当たり次第に情報を頭に入れるため「自分でも上手く整理ができていないのではないか」といったことが挙げられます。

また、運営を長く続けていくうちに判ることは山ほどあるので、最初とは考えが変わってくるのもごく自然なことだと思います。

どう見ても間違えていることは修正する

世の中で当たり前とされていることも時代の移り変わりによっては当たり前でなくなる可能性はあります。

ブログの記事数が多くなると「昔の記事と違うこと言ってないかな?」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、前述したように答えが明確でないものであれば多少の矛盾はそこまで心配する必要はないと思います。

しかし逆に答えがハッキリしているものに関しては正しい情報を載せなくてはいけません。

今ではアドセンス広告の設置数は無制限となりましたが、少し前までは3つまでという制限がありました。それを知らずに書く、あるいは制限が変わる前に書いた記事を修正せずに「アドセンスは4つ以上設置したら規約違反だよ!」なんて書いていてはアウトということです。

過去に触れたことがある話題で大きな変更が生じた場合は必ず過去記事を振り返りましょう。

違うかもしれないけど修正しないもの

実際に私が過去に書いた内容で今とは少し違うかもしれないものを挙げたいと思います。

アドセンスの審査

グーグルアドセンスの審査の際、写真や画像は使ってはいけないと聞いたことがあると思います。私も過去記事の中でなるべくなら使わない方がいいと書いています。

ですが最近アドセンスの審査に受かった人の中には「普通に画像使って通ったから、画像ダメ!って言っている人は間違いだよ」と言う人もいます。

その人は本当に受かったのかもしれませんが、それでも私は画像を使わない方がいいという内容を修正しようとは思いません。なぜなら、「画像を使う」より「画像を使わない」ことの方が間違いないからです。どちらがリスクあるか考えたらどう見ても前者でしょう。

画像ありで審査に受かった人を見ても不安に感じる人は、迷わず使わないことをおすすめします。数記事程度なら画像の挿入はアドセンス合格後で十分です。

以下の記事がそうですが、こちらでも同じようなことは言っていましたね。

初心者がアドセンスブログを始めたら一体どれくらい稼げるのか? ブログ運営そのものが初めてだった私が、アドセンスブログを始めて3ヶ月で得...

ブログランキング

ブログランキングのボタンもアドセンスの規約違反に抵触する可能性があると書いたことがあります。

しかし実際のところアドセンスと併用してもおそらく問題はないでしょう。私も使っているブログを見たことがあります。

とはいえ、こちらの内容も特に修正はしません。絶対に安全である確証がない以上、アドセンスを少しでも脅かす可能性のあるものは使うべきではないと思っています。

副業でアドセンスブログやアフィリエイトをされている方は多いと思いますが、一番気にするのってPV数ですよね。PVを増やすためには色々な方法があ...

まとめ

記事数が何百記事も多くなると似たような話題に触れて書くことはあると思います。そのとき、今回書いたような矛盾が生じる可能性があるかもしれませんが、当時の内容や考えもそれはそれで意味があるものです。

ブログは必ずしも一貫性が求められるものでもありません。同じテーマについて書いても、今の考察が役に立つ人もいれば、過去の考察が参考になる人もいると私は思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする