【インデックスカバレッジとは】404エラーで問題検出

シェアする

オフィスにあるノートパソコン

先日、受信メールをチェックするとグーグルサーチコンソールから一通メールが届いていました。

内容は「インデックスカバレッジの問題が検出されました」とのこと。

こういうエラーや不具合が起きるたびに心底嫌な気持ちになりますが、放置してSEOに影響してきたらそっちの方が嫌なので対応しなければいけません。

同じ不具合が起きた人の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

インデックスカバレッジの問題を検出

はい出た、まーた何かめんどくさいことが起きたよ…もうやめて本当に…

メールを開いて「問題が新たに検出されました」という一文が見えた瞬間からもう嫌な気しかしません。

ため息を吐きながら内容を読むと、どうやらインデックス送信されたURLの中で404を返しているページがあるとのこと。

何が不安かって、メールに「Googleの検索で悪影響を受ける可能性があります」とか書いてあるし…

ちなみにインデックスカバレッジとは、インデックス登録に関しての状況が分かるレポートのようですね。

原因、心当たりを探る

まずは問題が起きた原因を探ります。

ここ最近記事を書く以外で何かしたっけ…

そういえば過去記事をいくつか削除してました。

関連記事PV数が低い記事は積極的に削除しよう!記事ごとのPVの調べ方

これだ…間違いない。

消した記事をクロールしようとして見つからないから404が返って来たようです。

原因が分かったので解決方法を調べていきましょう。

インデックスカバレッジ(404)の解決方法

アイデア 閃く

困った時の解決方法はいくつかありますが、とりあえずグーグルのヘルプを見てみたいと思います。

するとこのような記述を発見。

見つかりませんでした(404): このページのリクエスト時に 404 エラーが返されました。この URL は、明示的なクロールのリクエストなしに Google によって検出されたものです。URL は、別のページからのリンクや、以前に存在しその後削除されたページなど、さまざまな方法を通じて検出される可能性があります。このような URL に対して、Googlebot は以後しばらくの間アクセスを試みます。クロールの頻度は次第に低下しますが、検出済みの URL を Googlebot から完全に削除する方法はありません。意図的に 404 レスポンスを返している場合は問題ありませんが、ページを移動した場合は 301 リダイレクトを使用して新しいアドレスに転送してください。

引用元:Search Console ヘルプ-インデックス カバレッジ レポート

文中には「一度検出済みになったURLは削除できない」とあるので、対応としては次第にクロールしなくなるのを待つか、該当するURLをインデックスしないように強制的にブロックするかの二択になりそうです。

また「意図的に404を返しているのであれば問題ない」との記載がありますが、こちらとしては削除した記事に関しては意図的に404を返している訳でもあります。

つまりこれは…放置案件!

下手に設定とか弄るのは面倒臭い&怖いので、これはもうクロールされなくなるまで待ちましょう。

現状では特にペナルティを食らっている様子もないので問題ないと思います。

修正の完了報告をしたところ、約一週間後に「インデックスカバレッジの問題が修正されました」と再びメールが届きました。

例外もある?

私の場合は記事を削除したことで起きたエラーでしたが、そうではない場合で同様のエラーが起きたら注意が必要かもしれません。

以下もヘルプ内に記載があった内容です。

「見つかりません(404)」エラーは正常な動作です。ただし、他のサイトからリンクされている重要なページ、サイトマップに指定した後に削除した古い URL、重要なページの URL のスペルミス、現在はサイトに存在しない人気のあったページの URL などの場合は、エラーに対処することをおすすめします。対処することで、重要な情報が Google のクローラやユーザーからアクセスしやすくなります。

引用元:Search Console ヘルプ-クロールエラー レポート(ウェブサイト)

外部サイトから被リンクがあったり、URLのスペルミス、アクセスが取れていた記事などが該当するようですね。

まぁあくまで「対処すればもっとアクセス上がるかもよ」とのことなので、よほどサイトにとって重要なページでなければ対処しなくても問題ないのかもしれませんが。

まとめ

インデックスカバレッジにはエラーの種類がいくつかありますが、今回は削除したページに対してただ404がレスポンスされただけのエラーでした(よかった…)。

ヘルプにも記載があったように、運営者が分かった上で404が返って来ていればそれは正常な状態です。

今後はページの削除を行う度に同様の問題を検出すると思いますが、基本的に放置で問題ないでしょう。

関連記事プラグインのアップデートに要注意!WordPress「不明なエラーが発生しました」

関連記事【データベース接続確立エラーってなに!?】突然サーバーパネルが真っ白でサイトも見れなくなった

関連記事関連コンテンツの表示がおかしい!?関連記事が一部表示されない不具合

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする