【記事数が少なくても稼ぐコツ】ブログ運営にプラスアルファで収益を上げよう

ブログの記事数が少なくても稼げるコツはあります。そのテクニックを用いれば、記事数が少なくても月収で何十万円と稼ぐことも不可能ではありません。

今回は、ただブログを書くだけではなく、ブログ運営にプラスアルファで収益を上げるやり方について書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ただブログを書くだけでは時間が掛かる

ブログ運営は副業の中で最も始めやすくハードルの低い副業ではありますが、ブログだけである程度の収益を上げようと思ったら相応の時間が必要になります。

時間が掛かる理由としては、ブログは記事数や運営期間が大きく影響し、どうしても成長させなければいけないものだからです。

しかしその分、ブログという名の木が大きく成長すればまさに金のなる木。ほっておいてもどんどんお金を生み出します。

ですが中には、そんなに時間を掛けれなかったり飽き性な人もいるでしょう。今回はそんな人向けのブログを利用した稼ぎ方のご紹介です。実際に私が拝見したその人たちの「やり方」を紹介したいと思います。

体験談を書籍化して大儲け

その人(※以下Aさんとします)はブログの記事数がトップブロガーの平均的な記事数に比べてかなり少ない方です。しかし、収益はおそらくトップブロガーと遜色ありません。

もしかしたら読んだ人の中には「Aさんってアノ人のことかな?」と分かる人もいるかもしれませんね。

Aさんは、ブログの中で自身の体験談を書いたところその記事が大ヒット。つまりバズったわけですね。

そのテーマというのが「恋愛」でした。

内容はいくつかの構成に分けている大長編だったので詳しくは読んでいませんが、恋愛小説などが好きな女性の層にウケたのではないでしょうか。

Aさんはその後、その体験談を電子書籍化。書籍版にはさらに内容を書き足すなどの販売戦略も図ります。

これによりAさんはブログによる収入だけではなく、ブログから派生して電子書籍の印税収入も得ることに成功したようですね。

小説を書くのが好きだったり、何か特殊な体験談がある人にはかなりおすすめの方法です。また、読み手には本当か嘘かの判別は出来ないので、物語を面白くするためなら多少脚色するのも個人的にはありだと思います。

電子書籍の詳しい始め方などはこちらの記事をどうぞ。

誰もが憧れる印税生活を今では「電子書籍」で簡単に始めることが出来ます。 どのようにして出版するか具体的な流れや方法をご紹介したいと思い...

ニッチなテーマを狙う

記事数が少なくても稼げるのが「テーマ選び」です。

かなり狭い分野のテーマだとしても、内容次第では必ずどこかで需要があります。そしてそのトップを狙っていきます。

私が見た中には、記事数わずか10記事程度であるにも関わらず、その月間PV数はおよそ10万PVというブログを見たことがあります。

そのブログは自動車についてのテーマ。もちろんただ自動車をネタにしただけでは10記事で10万PVなんてまず無理でしょう。

その方は、自動車のある一つの部分だけに特化したブログを制作したのです。

特化したと言っても、車を持っている人間なら必ず行うことの一つなので、確実に需要があります。非常に上手いところをテーマにしており感心しました。

他の人がテーマにしないであろうニッチな部分に目をつけることで、「自動車 ○○」と検索されればトップに表示されます。

このニッチブログは私もいつか挑戦してみたいと思ってます。

月収10万円が可能性を広げる

ところで、ブログを始める人はとにかく最初の目標として月収10万円を目指す人が多いと言います。

なぜ、10万円という金額を目標とする人が多いのでしょうか。それは、10万円を達成出来るとそこからブログ以外の稼ぎ方が広がるからです。

ネットビジネスに興味がある人なら「月収10万円稼ぐ方法教えます」みたいな宣伝文句ってよく見かけますよね。

この教える方法というのは大体メルマガです。もしくはセミナーです。

つまり、ブログで月収10万円達成出来たら、メルマガでもセミナーでも稼げる選択肢が一気に増えるということ。まさにブログ運営に「プラスアルファ」です。

月収2万円なら大してそこまで知りたいと思いませんが、月収10万円なら気になりますよね。それだけ副業で10万円という金額は魅力的であり、多くの人が定める目標なのです。

ちなみにもっと稼げればコンサルタントとして企業相手にも収益を得ることが可能です。

まとめ

以上が記事数の少ないブログでも稼げる可能性のある方法でした。コツコツ取り組むのが好きな方には、最初にいきなり考える必要はないテクニックかもしれません。素直に記事数を増やしていくのが良いと思います。

ニッチなテーマというのも、狭いテーマであればあるほど書ける内容は限られてきます。ドメインを取得する前に自分がどのくらい書けるか考えてからテーマ決めをしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする