AMPコンポーネントのscriptタグが使用されていないエラーの修正

有効なAMPページではありませんブログ運営
スポンサーリンク

何かとエラーが多いブロガー泣かせの「AMP」ですが、このブログでもエラー通知は多く、あるエラーによってほとんどのページでAMPが無効化される事態になりました。

そのエラー内容は『AMPコンポーネントの「script」タグがありますが、使用されていません。』というもの。

文言だけ見てもさっぱりです。

今回はこのエラーについて色々調べた結果や、自力で修正対応した様子をまとめました。

スポンサーリンク

いつの間にかAMPページが無効にされる

今までも意味不明なAMPのエラー通知は色々ありましたが、今回は思わず「はぁ?」と声が漏れてしまうような内容でした。

こちらが実際のメールです。

AMPの問題の検証

無効な AMP ページが大幅に増加していることが Googlebot により判明しました。AMP の実装方法が変わったことが原因として考えられます。無効な AMP ページは Google 検索で AMP ページとして AMP 関連機能と共に表示されません。以下のレポートにはエラーが発生しているページの例が記載されています。

無効なAMPページが大幅に増加って…

つまりグーグル側でAMPについて仕様が変わったから対応してくださいということでしょうか。

確かにこちらではAMPに影響を与えるようなことは一切何もしていません

仕様変更か知りませんが本当に勘弁願いたいですね。

ちなみにAMP化はプラグインではなくwordpressのテーマ「cocoon」の機能を使用しています。

エラーの度に思いますが、AMP化しなさいと言っておきながら「仕様変えてエラーにさせちゃったから対応して」とか意味が分かりません。

AMPコンポーネントとは?scriptタグって何?

まずこのエラーを解決するにあたって「AMPコンポーネント」と「scriptタグ」について理解する必要があります。

調べてみると、どうやらAMPコンポーネントはHTMLの拡張機能のようですね。

scriptタグについては私もweb業界で働いていたので少しだけ理解がありますが、JavaScriptなどを埋め込む際に使用するタグのことです。

拡張機能なのであくまで「使いたい人が使う」と言った感じなのかと思いきや、しっかりエラーとなって対応を求められています。

しかしどこをどう修正するかなんて分からないので、実際に過去同じエラーで修正した人がいないか調べてみました。

未対応者が多いエラーか

同じエラーについて書いている人がちらほらいましたが、どの人も「対応方法が分からない」とのこと。

どうやらこのエラーは一般的なブロガーレベルではお手上げのようです…

中には放置しているという人もいましたが、私の場合これが原因でほとんどのページでAMPが無効化されているので何かしら対応を取らなければいけません。

仕方ないので自力でなんとかしていきましょう。

Google Search Consoleでエラーページを調べる

サーチコンソールでエラー状況を確認します。

すると…

約200ものページでAMPが無効になっていました。

AMPはただの一時的な問題だったり、何もせず検証すると直ることもあるので、まずは何も対応せずに再度検証をリクエストしてみました…が、なぜか200ページの内3ページだけ修正が必要だとポップアップが表示されます。

3ページだけというのも意味が分かりませんが、とりあえずこの該当する3ページはAMPページを生成しない設定にしてみました。

検証が開始される

3ページのみAMP化をやめたら無事に検証のリクエストが処理された旨のメールが届きます。

AMPの問題の検証

弊社では、貴サイトの「AMP」に関する問題の修正について検証を開始いたしました。具体的には、198 ページに現在影響を及ぼしている「AMP コンポーネントの「script」タグがありますが、使用されていません。」について確認しております。

検証には数日かかることがございます。処理が完了し次第お知らせいたします。以下のリンクにアクセスして、テストの進捗状況をご確認いただくこともできます。

とりあえず完了するまで待ちましょう。

翌日、一部ページで修正が確認される

検証が開始されて翌日には結果のメールが届きました。

AMPの問題の検証

AMP の問題に関する修正の承認をリクエストされた件につきまして、お知らせいたします。リクエストは、「AMP コンポーネントの「script」タグがありますが、使用されていません。」の問題の修正に関するものです。

恐れ入りますが、一部のページで、この問題が依然として修正されていないことが確認されました。

また、審査の過程におきまして、この問題が修正されているページが 15 ページあることを確認しましたので、併せてご報告いたします。
承認プロセスの詳しい進捗状況と、残りのページを修正する方法を確認するには、こちらのリンクをクリックしてください。

やっぱり直ってないか…と思いきや、下の方を読むと修正されたページが15ページあるとのこと!

なぜ中途半端に15ページだけ修正されたのか不明ですが(しかも何も対応していないページ)、この結果を鑑みるに、やはりグーグル側で勝手にエラーになって勝手に直っていくものでは?という気がします。

確かにサーチコンソールを確認するとエラーページの数が減っていました。

モバイルフレンドリーテストは問題なし

結局なんだかモヤモヤする結果に終わりましたが、このブログはモバイルフレンドリーテストでは特に問題がありません。

まだテストしたことない人は以下よりテストができます。

モバイルフレンドリーテストはこちら

最近では検索順位が落ちていたページも一位に戻っていましたし、サイトの表示速度もそこまで悪い訳ではありません。

むしろAMPが無効になり始めてからPVが増えています。

とりあえずモバイルフレンドリーテストPageSpeed Insightsなどで大きな問題がなければ大丈夫でしょう。

まとめ

AMPコンポーネントのscriptタグが使用されていないエラーについて、結局何も対応せずに検証したところ一部ページが修正されたので、しばらく様子を見てみようと思います。

AMP自体絶対必須というわけでもありませんし、AMP化していないサイトでも大きくアクセスを集めているサイトもあります。

何より個人的にはもうしつこいくらい多くて訳の分からないエラーが出る度にイライラするので、一旦AMP自体やめようかなとも思ってます…

グーグルは色々仕様変えたりエラーが頻発するなら、もっとまともに使えるようになってから世に出してほしいですよね。

【インデックスカバレッジとは】404エラーで問題検出
「インデックスカバレッジの問題が検出されました」というエラーにはいくつか種類がありますが、すぐに修正が必要なものもあれば放置で大丈夫なものもあります。今回はその中の404エラーについて原因や修正対応した様子をまとめました。
プラグインのアップデートに要注意!Wordpress「不明なエラーが発生しました」
プラグインは便利な一方、よくトラブルを起こす火種にもなります。 このブログでもたまにプラグインのアップデートをするとWordpressから「不明なエラーが発生しました」と恐怖の通知が来ます。 今回はブログ運営を続けて思ったプラグ...