1分1秒を無駄にしない!富裕層と貧困層の大きな違いとは

1分1秒を無駄にしない!富裕層と貧困層の大きな違いとは経済ニュース
スポンサーリンク

富裕層と貧困層の生活で最も異なることをご紹介します。

同じような境遇に生まれても、なぜお金持ちと貧乏の2種類に分かれるなのか。その原因は何なのか。

今回はお金持ちが成功するためにしてきたことや考え方など、参考になる内容をまとめたいと思います。

スポンサーリンク

広がる格差社会

日本に限ったことではありませんが、資産が何億とあって都心のタワーマンションに住む人や一等地に豪邸を構える人がいる一方で、お金はおろか住む場所さえままならない人もいます。

日本は諸外国に比べて豊かなんて言われることもありますが、貧困層にスポットを当てるとまさにスラム街そのものです。

この格差は広がりを続け、この先さらに貧富の差は激しくなるとも言われています。

一体何故、ここまで生活レベルが違うことになってしまったのでしょうか。

お金持ちと貧乏はここが違う

元々の家柄など生まれた環境による違いもあるとは思いますが、幼少期は非常に貧しい生活をしていたと語るお金持ちも少なくありません。貧しい家庭に生まれて苦汁を飲んだ経験があるからこそ、大金を稼げた人もいます。

では、お金を稼ぐ人と貧しいままの人にはどのような違いがあるのか。

それは、『時間の使い方』です。

貧しい人は基本的に面倒くさがりの傾向があると言います。

丸1日自由に使える時間があっても、ダラダラとテレビを見たり昼寝をしたり、何もせずにただただ時間を消費してしまいます。

ですが、お金持ちは違います。

1分1秒を無駄にはせず、自分への投資や新しいことへの挑戦に余念がありません。

「1秒も無駄にできないなんて息が詰まる」と思ってしまった人は、残念ながらお金持ちになる素質はないでしょう。そもそも彼らはそのように感じません。

全ての時間を意味ある事に、未来へ繋がる事に使うのが楽しいのです。

お金を手に入れるためにすべきこと

成功への道

お金を手に入れるための行動や考え方など、管理人自身が参考になったことも挙げたいと思います。

限られた時間を最大限有効活用する

前述した内容と重複する部分がありますが、時間を大切に使うことはとても重要です。

1日24時間は全ての人に平等に与えられています。

例えば、毎日就寝前の1時間を読書に充てる人と、好きなテレビ番組を観る人では、その教養に大きな差が生まれることになるのは間違いないでしょう

「読書」が副業になる!本を読むという最高の趣味を活用しよう
この副業ブログでもたまに書いているのが「読書の大切さ」です。 読書は、今の仕事でもっと成功したい人や、儲かる副業を見つけたい人など、お金に関する様々な面で役に立ちます。 今回は「お金を稼ぐための読書」について書きたいと思います。...

人との出会いを大事にする

お金持ちは人との出会いを大事にします。

類は友を呼ぶと言うように、ビジネスでも経営者は経営者同士で繋がりを持つのです。

お金に限らず、人との出会いがきっかけで人生が劇的に変化したという人も多いのではないでしょうか。

プラス思考になる

成功する人は物事をプラスに考え、相手を讃え、決して愚痴や他人の悪口を言いません。

口に出した言葉というのはそのまま自分の耳から脳へ伝わり影響を与えます。

つまり、普段から悪いことばかり考えたり口にする人は、自然と失敗する行動を取ってしまうのです。

たとえ虚勢でも、自信を持ったり前向きでいたり、常にポジティブでいるよう心がけましょう。

まとめ

時間の使い方1つでその先の人生は大きく違うものになります。これは頭で分かっていてもなかなか行動に移せない人は数多くいます。

かの有名な天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチは、睡眠時間を無駄に感じ、1日のうち僅か1〜2時間しか睡眠を取らなかったと言います。

今まで時間を無駄にしてきたことが多いと感じる人は、今日の一時間からでも、何か有意義にことに使ってみてはいかがでしょうか。

「普通の人生」「普通に生きる」がどれほど難しいことか話したい
「普通の人生」や「普通に生きる」ということがどれほど難しいことなのか。世間が抱く「普通」のイメージと、私がイメージする「普通」には大きな乖離があります。普通に生きる人生がどれほど困難か話したいと思います。
日本に迫る危機!社会保障制度が破綻して貧困層はさらに貧しく
先進国として世界でも最前線に立ち経済を動かしてきた日本ですが、近年はGDPも伸び悩み、しまいには「貧困大国」と呼ばれてしまうほど貧しい国になりました。 そして追い打ちをかけるように来るかもしれないのが「社会保障制度の破綻」です。 ...