【あなたの会社は大丈夫?】相次ぐ大企業の不祥事

シェアする

ニュースでは連日のように日本の大企業による相次ぐ不祥事が取り上げられていますが、あなたの会社は大丈夫でしょうか?

もし大丈夫でも、働く人にとって他人事ではありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

大企業の不正は氷山の一角か

スズキ、東芝、富士フイルム、三菱自動車、日産自動車など、誰もが一度は名前を聞いたことがある大企業の不正が次々に発覚。企業の経営陣らが頭を下げる会見を目にする機会も増えましたね。

企業によっては、発覚した不正から芋づる式に新たな不正が発覚したり、中には問題が発覚した後でも不正行為を続けた恐ろしい企業もあります。

何より悪質なのが、これら不正を企業の管理職など経営に携わる人間が隠蔽しようとしたことです。

隠し通せれば当然そのまま公にされることはなく、最悪バレない限り続けていこうというなんとも卑劣な有様。

あげく、会見を開いたところで「調査中」「事実確認ができていない」の一点張りで呆れた人も多いのではないでしょうか。

おそらく上記の企業も氷山の一角。

個人的には、発覚していないだけで他の企業でも利益のために何かしらの不正は行なっているような気がします。

信頼回復なんて簡単にはできない

一度でも犯した過去の不正は消し去ることはできません。

その企業が存続する限り、名前を聞くだけで「あぁデータ改ざんで問題になった企業ね」なんて言われることでしょう。

事実、資格のない従業員が車両検査をしていたとして不正が明らかになった日産自動車では、全国で出荷を停止し新型自動車も全く売れていないとのこと。

消費者への裏切り行為なので当然の報いでしょうね。

ただ、この不正により大きな影響を被った部品などを製造する下請け業者は本当に気の毒だと思います。

自分の人生を会社に委ねてはいけない

企業の不正による被害者は消費者だけではありません。

その企業に勤める従業員も被害者です。

不正が発覚してから初めて説明を受けたという従業員もおり、場合によっては突然職を失う可能性もあります。

それだけ企業のトップと従業員とでは距離が遠く、末端の人間には上で何が起きているか全くわからないこともあると思います。

以前書いたことがあるように、今の世の中は「会社に所属している」「正社員として働いている」というだけでは安心することはできません。

もし安心している人がいたら、今からリスクに備えておくことをおすすめします。

資格取得などスキルを身に付ける

いざ転職が必要になったとき、なんのスキルも持っていないと転職活動は上手くいきません。

そのため普段から空いた時間などで資格勉強をしたりスキルを身に付けておきましょう

前職と全く異なる業界であればなおさら必要です。

年齢が若ければ別ですが未経験で雇ってくれる企業はそうそうありません。

サイドビジネスを始める

職を失っても収入がゼロにならないようサイドビジネスを始めましょう。

本業を活かせる副業でも良いですし、趣味も兼ねて稼げる副業でも良いですね。

とにかくなんでもいいので本業以外で収入源を増やしておきましょう。

何か趣味をお持ちの方は是非ブログやサイトを始めてみましょう!楽しい趣味がより楽しく、さらにはお小遣いが稼げるかもしれません。 今回は実...
在宅ワークで活用される方も多い「ランサーズ」というクラウドソーシングについて書きます。 ちょっと自宅で仕事をしたい方にはピッタリの副業...
絵が描ける人はそれだけでお金を稼ぐことが出来る! イラスト制作を副業に、具体的に稼げる方法を5つご紹介したいと思います。
色々ある投資の中でも「金投資」は危険性の低い投資の一つです。投資である以上もちろん多少のリスクはありますが、株やFX、不動産などに比べたらか...

まとめ

大企業による不正は日本のものづくりの質を落としているとも言えます。

日本人として非常に残念なことではありますが、こういった不正を働く企業は厳しい処分を受け、二度と同じようなことをする企業が出ないようにしてほしいものですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする