【エニグマペイとは】アルバイトの日払いを可能にする画期的なサービス

シェアする

急な出費や入り用でお金が必要なときってありますよね。そんなときの方法の一つに日雇い派遣がありますが、今では日雇いなどのアルバイトではなくてもこの日払い制度を導入している企業が増え始めています。その理由が「エニグマペイ」という画期的なサービス。

どのようなサービスが見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

日払いアルバイト

その日のうちに給料が貰えるのが日雇い派遣の魅力ですよね。急遽お金が必要な場合は、一般的なアルバイトより単発などの日雇いアルバイトに応募する人も多いかと思います。

そんな大体の人が嬉しい日払い制度ですが、そもそもなぜ多くの企業ではこの日払い制度を導入しないのでしょうか。

それは、企業側の事務的負担がかかるのが理由です。アルバイトの給料を日払いにするために、人手を割いたり新しい事務のアルバイトを雇うのでは経営も大変なのでしょうね。

日払い制度導入で応募者増加

ある企業ではアルバイトを募集してもなかなか人が集まらず、人材確保にとても頭を抱えていました。そこで、求人情報に「日払い可能」と明記したところ応募者は増加

日払い可能かどうかは応募者にとってかなり重要な要素だということが分かります。

というのも、なんと給料を日払い可能にすると応募が約4倍近くも上がるというデータもあるのです。

生活費をなんとか捻出したい人にとっては、アルバイトの業務内容より給料日がいつであるかの方が知りたいのです。

人材確保の救世主「エニグマペイ」

企業が日払い制度を導入するきっかけとなったのが、株式会社enigmaが展開する「エニグマペイ」と呼ばれる前払給与サービスです。


enigma

エニグマが企業と従業員の間に入り、企業に代わって従業員に給料を支払います。これにより、本来企業が行う手続きをエニグマが行うため企業には事務的負担がかからなくなり、従業員はいつでも給与を受け取ることが可能になります。

当日振込みを希望する場合はエニグマ専用のシステムから申請を行い、その際にシステム手数料を支払います。例えば、来月の給料から10,000円だけ今すぐ欲しい場合、10,000円から手数料の700円を引いた9,300円が振り込まれるといった感じです。

人によっては「手数料を取り過ぎだ」と感じる人もいそうではありますが、何かを得るために相応の代償を支払うのはこのようなサービスに限ったことではありません。

手数料を支払う分、本来すぐに貰えないはずの給料が受け取れるのでそこは割り切りましょう。

エニグマペイでは振り込んで欲しい金額を指定することも可能です。

まとめ

以上が企業にとっても働き手にとっても嬉しいサービス「エニグマペイ」でした。毎月給料日前にギリギリの生活をする人なんかにとっては、掛け持ちで単発バイトをする必要などもなくなるかもしれませんね。

求人を探すときはこのような日払い制度があるかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする