【社歌って知ってる?】働くのが地獄だったあるIT企業の話

「社歌」というワードを聞いたことがあるでしょうか。私は自分が経験するまでこの存在を知りませんでした。そしてそれはもう地獄のような日々だった…

今回はちょっと趣向を変えて私の過去について話したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

都内のとあるIT企業に就職

私は結構転職を繰り返している人間です。勤めた会社もせいぜい長くて一年と数ヶ月程度。

業種はIT系しか勤めたことがありませんが、一口にITと言ってもそれはもう色々な会社がありました。

その中の一つ、都内のオフィス街にある会社がヤバかった…

表向きは「未経験でもIT技術者に育てる!」と掲げている会社でしたが、これがとにかく誰でも雇います。

年齢性別一切関係なし、私が入社した時には40代後半の人もいました。

正社員というのも名ばかりで、雇った人間はガンガン他社へ派遣させます。

そして会社には雇った分だけ助成金が入ります。

挙げ句の果てに代表は「ウチは絶対社員をクビにしない!」とか言ってましたが、そりゃそうだろ。みんなすぐに自分から辞めていくんだから。私が居た短い間だけでもどれだけの人間が消えていったか。

上司にも一人変なチンピラみたいなのがいました。

上司「俺ゼネコン上がりだから」

…はぁ?知らねぇよ…だからなんだよ。だからチンピラ風なのか?笑

とにかく頭が悪そうでした。

そんな会社に朝5時の始発で向かい、夜帰宅する。こんなことがこれから毎日続くのかと思うと吐き気と絶望しかありませんでした。

しゃ…社歌?

あんまり詳しく書くと判る人には判ってしまいそうで恐いのですが、この会社は「社歌」なるものがありました。

社歌って知ってますか?私は知りませんでした。

社歌とは、文字通り会社の歌

学校で言うところの校歌のようなものです。

これを朝全社員で歌うわけです。気持ち悪いでしょ?

辞めてから結構経つのでもう歌詞とか覚えていませんが、それなりに気持ち悪い内容だったと思います。でも真面目に歌わないといけません。どんなに吐き気を催しても。

噂だと、手を抜くと一人で歌わされるとかいう私の大嫌いな体育会系のノリもあるとか聞きました。

この「体育会系」って言葉に本当に嫌悪感を抱きます。

今時こんなこと言ってる会社があったら時代錯誤にもほどがありますよね。

それは「洗脳」だった

それはもはや洗脳でした。

会社というより宗教に近いのではないでしょうか。

会社の理解できないルールに徹底的に従わせ、上司は部下に圧力をかける。見事洗脳できた人間はボロボロになるまで物のように使う…

今働いている人で「ちょっとこの会社おかしいかも…」なんて感じたら、すぐに誰かに相談したり転職することをおすすめします。

会社なんて別にそこにこだわらなくてもいくらでもありますから。中小企業であれば今や世の中は売り手市場ですよ(ブラックも多くありますが…笑)。

とは言っても、私が書いたこの会社は特段ヤバかった会社です。

ここ以外で働いたところではとても働きやすく良い会社もありました。上司も尊敬できる素敵な人で、会社を辞めた今でもたまに連絡を取ることがあるくらいです。

会社は一つ一つ全く違います。

自分に合った会社を見つけるって本当に大変だと思いますが、勢いで入ってすぐに離職なんてならないよう事前にできることはしておきましょう。

下調べなしで就職するのは危険!

私がこの時の会社選びで失敗した原因の一つが「下調べを何もしなかった」ということです。

当時は「入れればどこでもいいかな」なんて安易な考えで誰でも雇うこの会社に入社。

そして見事にすぐ辞めることになります。

「もっと調べておくんだった…」勢いで決めたことを後悔しました。

では、具体的にどのような対策があるのか。反面教師として私がすれば良かったと思うことを挙げてみましょう。

ネットで必ず調べる

この会社を辞めた後、会社名をネットで調べると某掲示板でも色々とヒットしました。そしたら驚愕。

「この会社がどういうところか」「入ると何があるか」詳細に暴露されていました。

働いた人間にしかわからない内容も書いてあったので、おそらく元社員でしょうね。

これを知っていたら私は入社をためらったかもしれない…

これから入るかもしれない会社はあらゆるところから情報を調べ上げましょう

カウンセリングを受ける

自分で判断すると失敗に陥るケースは多々あります。

そこで活用したいのが、転職支援をしてくれる会社でカウンセリングを受けてみることです。その中の一つがこちらの会社。




ITエンジニアの無料カウンセリング【ポテパンフリーランス】

「ポテパン」と名前は可愛らしいですが、そのサポートは業界トップレベル。

就職活動や転職活動に絶対に失敗したくないなら、このような人材コーディネーターのプロに頼ってみるのも一つの方法です。

こういった場なら、私が上で書いたような変な会社が紹介されることもまずないでしょう

もちろんカウンセリングも無料

また、若い人だけではなく、40代など会社では中堅に位置する人にもおすすめの転職サイトです。

キャリアアップや給料など、何かしら不満があるならその環境を変えるべきです。IT業界は人手が足りていませんからね。

「web業界で成功したい」「IT系に興味がある」という人は是非一度活用してみましょう。

まとめ

社歌がある会社なんて限られるので色々書くとバレそうな気もしますが、まぁ随分前のことだしいいか…笑

個人的に思うのが、その会社独自の風習や規則があるとちょっと危ない気がします。

内容にもよりますがその時点で黄色信号でしょう。

そういえば、以前まとめサイトで見た「モチベーションアップ株式会社」とかいう企業のポスターも相当イかれてると思いました。

あんなポスターを作る側もそうですが、あれを社内に貼ろうとする会社も終わってる。

自分の人生は自分のものです。会社のためにある人生ではありません。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする