ユーチューブ動画の「LINE漫画スカッとする話」で月10万円稼ぐ方法

ユーチューブ動画の「LINE漫画スカッとする話」で月10万円稼ぐ方法動画
スポンサーリンク

ユーチューブのジャンルの1つ「LINE漫画スカッとする話」系の動画で月10万円稼ぐ方法をご紹介します。

このジャンルの魅力は、いくらでもストーリーを創作できるためネタが尽きにくく、声も自分以外の人間を起用すれば身バレもしないため、誰でも始めることが可能です。

毎日投稿すれば月収10万円もそれほど高いハードルではないので、「ユーチューブを始めたいけど今から参入して稼げそうなジャンルが分からない」という人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ユーチューブ動画で地味に再生数が稼げるジャンル「LINE漫画のスカッとする話」

ユーチューブにはゲームやカップル、ギャンブルや動物など、様々なジャンルの動画がありますが、そのほとんどは一部のトップユーチューバーが定番化されて再生数を稼ぎ、新規の参入者には厳しい状況となっています。

なかなか新規参入で成功するのが難しくなっている市場ではありますが、ジャンルによってはまだまだ始める価値があるものもあります。

その1つが、『LINE漫画』と呼ばれるものです。

LINE漫画とは、動画の開始から終了まで、SNSのLINEを使ったやり取りを流すという動画です。

例えば、以下のようにLINE上での会話画面が流れ続け、会話に合わせてアテレコもされます。

ユーチューブ動画の「LINE漫画スカッとする話」で月10万円稼ぐ方法

ユーチューブ動画の「LINE漫画スカッとする話」で月10万円稼ぐ方法

画像はLINEでの会話ですが、中にはキャラクターを動かして実際に会話しているように見せているものもあります。

登場人物やストーリーに関しては実話に基づくものではなく基本全て創作となり、そのほとんどは「嫌なキャラクターを最終的に成敗して視聴者をスカッとさせる」というものです。

テレビ番組でも似たようなバラエティ番組があったりしますが、この手の内容はバズりこそしませんが一定の視聴者を安定して獲得できる狙い目のジャンルです。

月に10万円稼ぐのはそれほど難しくない

よほど見にくい編集であったり声優が下手ということがなければ、このジャンルは誰がやってもそこそこの再生数を稼ぐことができます。

例として、「LINE」というキーワードで1日以内に公開されたとある日の動画の再生回数をいくつかご覧ください。

ユーチューブ動画の「LINE漫画スカッとする話」で月10万円稼ぐ方法

ユーチューブ動画の「LINE漫画スカッとする話」で月10万円稼ぐ方法

ユーチューブ動画の「LINE漫画スカッとする話」で月10万円稼ぐ方法

このように、動画1本で3万回程度の再生数を稼ぐのは難しくなく、例えば毎日動画を1本投稿して平均3万回の再生数がある場合、月の総再生回数は90万回となるので、広告単価を平均の0.1円と仮定しておよそ9万円の広告収入を得ることができます。

スーパーチャットや企業案件というもので収入を得るのは難しいジャンルですが、投稿本数を増やせばサラリーマンの平均月収程度稼げる可能性は十分にあります。

LINE漫画のメリット

LINE漫画を副業にして稼ぐメリットをいくつか挙げてみましょう。

ネタが尽きにくい

このジャンルはいくらでも創作した話を動画化することができるのでネタが尽きにくいという特徴があります。

ユーチューブは動画のネタがなくて投稿が滞ってしまう人も珍しくありませんが、LINE漫画であればその心配はありません。

それでも、どうしても話が思いつかない場合は、ツイッターやヤフーの知恵袋などで元になりそうなネタを探してみるのもいいでしょう。

【Yahoo!知恵袋はブログネタの宝庫】トレンドブログにも特化ブログにもおすすめ
ブロガーの皆さん、ブログネタに困っていませんか? 毎日書いていると「もう書くことない...」なんて人もいるのではないでしょうか。 そんな人におすすめしたいのが『Yahoo!知恵袋』の活用です。 今回はYahoo!知恵袋を活...

テンプレ化すれば編集が楽になる

一般的なユーチューバーの多くは編集が大変で疲弊してしまうことがありますが、LINE漫画は話の内容こそ変わっても編集のクオリティは変わりません。

基本的には上の画像でもあるようにLINE上での会話が流れるだけです。

一度テンプレ化させて作業が楽になれば、動画を1本作る時間も大幅に短縮することができるでしょう。

強いチャンネルが少ない

多くのジャンルでは「このジャンルといえばこの人!」といったように登録者も再生回数も多いチャンネルが存在しますが、このチャンネルに限ってはそこまで強力なチャンネルというのがありません。

その理由としては、LINEの会話なので他のチャンネルと差別化するのが難しいということが挙げられます。

後発組でも既存のチャンネルに負けないくらい再生数を稼ぐことができるのが魅力と言えます。

身バレリスクがない

身バレするリスクがないというのもメリットの1つです。

声をあてる必要がありますが、それも人を雇えば問題ありません。

身バレせずに動画で広告収入を得たい人にもおすすめのジャンルです。

著作権でアカBANされることがない

ゲームの実況動画やモノマネを披露する動画など、動画投稿を続ける上で怯える要素の1つが著作権ですが、LINE漫画は著作権に引っかかる可能性がほぼありません。

唯一あるとすればアイコンの写真に使用する画像ですが、これについてはフリー素材のサイトから使用するようにしましょう。

ユーチューブは著作権侵害の申告がされてしまうと、告知なしで突然チャンネルが消されてしまうこともあるのでご注意ください。

LINE漫画で再生数を伸ばす3つのコツ

LINE漫画で再生数を伸ばすコツを3つご紹介します。

話のオチをスカッとさせる

「スカッとする話」なので当然オチはスカッとする内容になっていると思われるのが普通ですが、これが以外にできていない動画はあります。

そういった動画になるとコメント欄での反応や低評価も顕著なものになるので、必ず中途半端な内容にせずしっかりと話は作りましょう。

例えば多い話としてあるのが、「嫌な姑」「浮気する旦那(妻)」「マウントを取る同僚や友人」などがあります。

また、スカッとする話以外では感動系の話も需要があるのでおすすめです。

サムネイルを目立たせる

前述したように、LINE漫画の中身はストーリーが違うだけでどのチャンネルもほぼ差がありません。同じキャラクターの素材を使用していたり、あるいは素材も使わずにただLINEのやり取りが流れるだけです。

非常に個性を出しにくいジャンルではありますが、それでも唯一個性を出せるところがサムネイルです。

上に乗せた画像でも分かるように、LINEのやり取りをサムネイルにしている動画もあれば、サムネイル用にイラストを作っている動画もあります。

どちらが良いかと言えば間違いなくイラストを作っている後者なので、サムネイルの部分で他者と大きな差をつけましょう。

投稿頻度を他のチャンネルより多くする

投稿頻度もサムネイル同様に他者と差をつける点で重要な要素です。

多くのチャンネルは1日1本以上は上げている傾向にあるので、最低でも同じように1日1本、可能であれば3本以上上げるのが理想的です。

動画の投稿頻度はそのまま収入に直結してくるので、普段働いている人は土日の休みを使ってストックを用意しておくなど、投稿頻度が落ちないよう工夫しましょう。

まとめ

LINE漫画は「絵が下手でも稼ぐ方法!ユーチューブ漫画で月収20万円」で書いた内容に似ている部分がありますが、どちらも一切身バレせずに広告収入を得ることができます。

注意点として、似たような話ばかりになって視聴者に飽きられてしまわないよう、普段からネタは考えておく必要があります。

それでも大した編集技術を必要とせず、話のネタは無限大に作ることが可能で、かつ強力なライバルチャンネルも存在しないというかなり魅力的なジャンルと言えるでしょう。