在宅ワーク詐欺に要注意!副業につけこむ甘い罠とは

シェアする

怪しい男

副業を探している人を狙った悪質な詐欺が増えているとのことです。「簡単な事務作業」や「荷物を受け取ってもらうだけ」など、いかにも怪しい甘い話には気を付けましょう。

今回は新しくなる詐欺の手口について書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

副業につけこむ詐欺師

このブログを読みに来てくれる人がいるように、副業に興味を持つ人は数多くいます。

「副収入で生活を豊かにしたい」「今の仕事を辞めたい」、その理由は様々ですが、そういった人を狙った詐欺に要注意です。

というのも、突然何かを売りつけようとする詐欺なら警戒することもできますが、副業を探している人が副業の話を持ちかけられたらおそらく興味が惹かれる人もいるのではないでしょうか。

この手口に騙される人が増えています。

荷物を受け取るだけ!?その騙し方とは

受け取る

実際にあった詐欺が「自宅で荷物を受け取るだけ」というもの。聞いただけでも相当怪しいですよね…

しかし前述したように「楽に収入を得られる副業」と言われることで話しを受けてしまう人がいます。

受けた結果、被害者は数百万円ものお金を騙し取られることになりました。

巧妙な手口とは

その手口というのがこのような流れ。

  1. 契約には個人情報が必要だと要求する
  2. 受け取った個人情報を名義にしてネットで高額商品を購入
  3. 被害者宅に購入した荷物(商品)が届く
  4. 被害者は中身を知らないまま詐欺師に荷物を渡す
  5. そのスマホを転売
  6. 後日、被害者に高額請求が来る

このように詐欺師もあの手この手で詐欺を考えます。ネットで購入されるものはスマホや化粧品など高額なものが買われるようです。

この詐欺のポイントとしては、やはり個人情報を安易に渡してしまったことが問題でしょう。相手の素性がよくわからないのに個人情報を渡してしまうのは非常に危険な行為です。

上記のケースに限らず、個人情報の提示を求められた際は必ず信用できる相手(会社)か確認しましょう。

一度安心させる

これは以前にも書きましたが、最近の詐欺にはある傾向があります。

それは、一度被害者を安心させるということ。

半信半疑の人間を騙すには一度安心あるいは信用させる必要があります。

この荷物受け取り詐欺では、実際に被害者へバイト代としてお金が振り込まれています。その額は500〜1,000円ほど。

これにより被害者は自分のもとに高額請求が来るまで信じてしまいました。報酬があるからといって安心するのは危険ということですね。

また、被害の発覚が遅くなることは詐欺師が捕まりにくくなる原因にもなります。

まとめ

詐欺と対策はイタチごっこではありますが、だからと言って普段から警戒しないわけにはいきません。誰もが被害に遭う可能性があります。

何か話を持ちかけられて1ミリでも怪しいと感じたらすぐに警察へ相談しましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする