【下がる相場で下がらない!?】大人気の投資信託「ひふみ投信」とは

シェアする

今大人気の投資信託「ひふみ投信」をご存知でしょうか。下がる相場でも大きく下がらず、その確かな腕で利益を上げるファンドマネージャーとして話題沸騰です。

ここでは、投資を始めたい人必見の「ひふみ投信」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

投資信託とは

投資信託とは、資金だけを用意して運用はプロ(ファンドマネージャー)に任せる資産運用です。「投資を始めたいけど、どの企業に投資すればいいのか分からない」「投資出来るほどの資金がない」という方にこそオススメです。

投資信託最大のメリットは、少ない資金でも始めることが出来るということ。最低でも1万円程度あれば始めることが出来ます。多くの投資家からお金が集まるため、一人あたりの資金が少なくても問題ないのです。

そして、運用のプロに任せられるというのも大きな魅力。もちろん投資である以上、必ず利益が出るということはありません。あくまで自己責任です。しかし、素人が企業を選ぶより専門家が選んだ方が間違いなく利益は出しやすいでしょう。

ひふみ投信が他と違う理由

投資信託の中でも一際人気なのが「ひふみ投信」です。


ひふみ投信

ひふみ投信が何故他の投資信託より人気を博しているのか。その理由を挙げてみましょう。

その足で企業を訪問する

ひふみ投信が他と差をつける理由は、社長自らが投資する企業に訪問しているという点です。自分の目で見て、実際に触れることで、その企業が成長するかどうか見極めるとのこと。

ネット上のデータから得られる情報はどこでも知っていることであり、それだけではここまで人気にならないのも頷けます。

相場の変動に強い

他が下がっている相場でも、ひふみ投信だけはほとんど下がらず、むしろ上がっている場合もあるのが魅力と語る人もいます。

大企業だけが注目ではない

一般的に投資する企業を選考する時、やはりどうしても大企業にばかり目がいってしまうことかと思います。しかし、ひふみ投信では聞いたことのないような企業にもどんどん投資をします。

「この企業は成功する」と判断して投資した結果、その企業の株価は何倍にも膨れ上がったケースが多いようですね。

低迷企業を救い、人を救う

ひふみ投信では、世間から一度信用を失ってしまった企業でも投資対象とのことです。

地方の小さな企業を大成長させ、その経営者を窮地から救い、投資家にも利益をもたらす。そんなwin-winの関係を築く架け橋になっているからこそ、ひふみ投信は支持されているのではないでしょうか。

実際に投資した人は資産が倍に!

このひふみ投信に投資をした主婦は、4年で資産が2倍以上になったそうです。「子供の養育費を投資で得た利益で賄うことが出来た」と嬉しそうに話していました。

超低金利、低賃金な世の中。真面目に働いていてもワーキングプアに位置付けされる人も少なくありません。そのため、低資金で行える副業の投資信託は今後もさらに注目を浴びると考えられます。

まとめ

以上が今注目の資産運用「ひふみ投信」でした。投資は良くも悪くも人生そのものを変えるものです。大きな損を出して後悔した人もいることでしょう。

しかし、リスク無き投資はありません。人生がめちゃくちゃになるほど損を出したという人は、リスク管理が出来ておらず、そもそも投資に関しても勉強不足。しっかりと知識を身に付け臨むことで、投資は人生最大の味方になってくれるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする