【株主優待で生活】毎年何かが貰えるおすすめの資産運用

シェアする

その企業の株を多く保有することで貰える株主優待。企業によってはとても魅力的な商品が貰えたりしておすすめです。

中には株主優待だけで生活をする人も!?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

株主優待とは

株主優待とは、自社の株を保有する株主に、自社商品や商品券などを毎年決まった月に送る制度です。

株主優待の制度は株式公開している全ての企業が行なっているわけではなく、株主優待を受けるために必要な株数も企業により異なります。

また、年に1回の優待もあれば年に2回の優待もあり、貰える月も企業によりバラバラです。

そんな株主優待は、株主側にも企業側にも色々とメリットがあるのです。

株主優待の魅力

株主優待の魅力は、株を保有しているだけで毎年様々な商品が送られてくるということ。食料品から日用品、旅行券や宿泊券など、どれも貰えて嬉しいものばかり。

もちろん企業の業績が良ければ配当利回りなどにも期待出来るため、利益も出て株主優待も貰える…まさに一石二鳥ですね。

企業側も魅力的な株主優待を行うことで個人投資家を確保することが出来ます。

超低金利時代の今、意味なく銀行に預けるくらいなら、株にして株主優待を貰った方が私はお得だと思います。

こんな商品がある

どの企業がどのような株主優待を扱っているかいくつか例を挙げてみましょう。

食料品

生活必需品の食料。その中でも最も必要とされる「米」が貰えるのが『佐藤食品工業株式会社』です。CMでも有名なサトウのごはんが1,000円分贈呈されます。

株主優待が貰えるのは100株から。現在の株価は約3,500円ほどなので、約350,000円の資金が必要になります。

お買い物割引券

『株式会社トーホー』では、100株以上保有している株主に毎年2回、お買い物割引券を贈呈しています。100円割引の券を25枚、つまり2,500円分の割引ですね。

現在の株価は約3,000円。こちらも100株からなので、約300,000円で株主優待を受けることが出来ます。

優待券

みんな大好きディズニーランド・ディズニーシーの1日パスポート券が貰えます。毎年1回なので、毎年一度だけ無料で遊びに行けるのは嬉しい株主優待ですね。

『株式会社オリエンタルランド』の現在の株価は約7,800円。100株からなので、約780,000円とそれなりの資金が必要になります。

株主優待だけで生活する人「桐谷さん」

「月曜から夜更かし」という、マツコデラックスさんと村上信五さんがキャストを務める番組をご存知の方も多いと思いますが、この番組で特集された「桐谷さん」がとてもすごい方でした。かなり反響もあったようですね。

元棋士であり個人投資家の桐谷さん。投資家ということで数多くの企業の株を保有しており、毎年送られてくる株主優待もかなりの数とのことです。

番組内ではその生活のほとんどを株主優待で賄っていると紹介され、期限切れ間近の優待券を使うため自転車で駆ける様子は印象的でした。

まとめ

私自身、過去に勤めた会社で「身内が株を持っていて株主優待がよく来る」という同僚が商品券などをくれたことがあります。利回りが多少低くても、このように定期的に企業から商品や商品券が貰えるのはとても魅力的ですよね。

よく初めて株を買うときに「どの企業にしようか迷う」と聞きますが、企業を選ぶ一つの判断材料として、株主優待をチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする