副業や投資ならビットコインは外せない!初心者向けに仮想通貨を解説

副業や投資を語る上で欠かすことのできないビットコイン(仮想通貨)について、初心者向けにわかりやすく徹底解説したいと思います。ビットコインはこれから生活の中で誰もが当たり前のように使うものになるかもしれません。

「何かと話題になってるけどイマイチその正体がわからない」という人に、専門家のわかりにくい説明を私なりに砕いてご説明します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ビットコイン(仮想通貨)とは何か

仮想通貨は2008年に初めて世の中に誕生しました。「仮想」と言われるように一般的な通貨のように姿形があるものではなく、インターネットを介してのみやり取りされる新しい形の通貨です。

例えるならマイレージなどが近い部類でしょうか。決済システムのようなものとも言えますね。

仮想通貨はスーパーコンピューターを何台も置いた巨大なデータセンターのように大規模な環境下で発掘されます。個人でもPCのスペックによっては発掘することができますが、その分利益を出すのも難しくなります。この発掘されることを「マイニング」と言います。

仮想通貨がやり取りされる流れ

仮想通貨が取引される流れはこのようになります。

  1. 仮想通貨の取引開始
  2. 取引を行うためのデータの塊(ブロック)が正しいものか複数の第三者が検証を始める
  3. 検証で正しいことが証明されたブロックがどんどんチェーン上に繋がり、一つのデータベースになる
  4. 最終的に正確なデータとして記録されれば無事に取引が行われる

簡単に書きましたが大体このような流れですね。ブロックと呼ばれる一つ一つのデータがチェーン上に繋がる技術は「ブロックチェーン技術」と呼ばれ、これが仮想通貨のキモとなる部分です。

ちなみに「検証をする第三者」ですが、ブロック同士を繋ぐために必要となる「キー」をマイニングした人には報酬が支払われる仕組みになっています。

仮想通貨の種類は色々ある

仮想通貨といえば代表的なのが「ビットコイン」。テレビCMでもよく流れているので誰でも聞いたことがありますよね。

ですが他にも「リップル」「イーサリアム」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」「ダッシュ」「モネロ」などなど、様々な仮想通貨があります。

色々ありますが、それぞれ発行が無限にできるものではありません。初めて知った方もいるかもしれませんが全て上限があります。

例えばビットコインは2,100万ビットコインが上限とされており、今のペースでマイニングが行われると2142年にはこの上限に達するとも言われています。

これから取引してみたい仮想通貨が現在どれくらいマイニングされていて、あとどれくらいあるのか、そういったことも知っておいた方がいいかもしれませんね。

仮想通貨は分裂することがある

仮想通貨の大きな問題点として「分裂」することがあります。わかりにくい専門的なことではなく簡単に説明すると、要はマイニングを行う内部の関係者同士で意見が割れ、揉めてしまったためにそれぞれが望む形の仮想通貨に分かれたということです。

そして先ほども挙げたビットコインキャッシュがまさに分裂した後に生まれた新通貨。当時は初めての分裂騒動ということもあり、かなり大きなニュースになりました。

分裂によりビットコインの相場がどうなるのかヒヤヒヤした人も多いと思いますが、結果的には大きな暴落などはなく、むしろビットコイン所有者には同じ数のビットコインキャッシュが与えられるという嬉しい結果になりましたね。

ビットコインキャッシュの相場はビットコインに比べるとまだ大したことありませんが、仮想通貨ランキングでは上位にくる人気なので今後も値動きには注目です。

ビットコインクラスの人気仮想通貨は今後また分裂する可能性は高いかもしれません。

仮想通貨は「次世代通貨」

仮想通貨は「次世代の通貨」とも呼ばれています。それだけ革新的なものであり、世界に与えた影響は計り知れません。

何よりも大きな魅力は「銀行を一切介さない」ということ。銀行を必要としない仮想通貨は規制対象にはなれど政府が操作することはできません。以前書いたことがあるように国の通貨は政府次第でいくらでも価値が左右されます。

現に2016年にはベネズエラで通貨危機が起こりました。「新しい紙幣にするから、今使ってる紙幣は今週末にはただの紙切れになるよ」というなんとも恐ろしい内容です。

そのため、ベネズエラでもビットコインに逃げる人は多いと言います。アフリカなどでも広く普及し始めているようですね。

また、世界中ではどんどんビットコインを使える機会や場所が増えています。国によっては飲食店、市役所、タクシー料金など、税金や公共料金までも支払える国があるほど。

日本でも最近ビットコインで支払いができる店舗がありますが、これからさらに増えていくものと思われます。

その一方で中には、「分裂する危険性のあるものを通貨とは言わない、法的にも通貨ではない」と仮想通貨の存在を危惧する人もいます。

確かに絶対に安全かと言われればそれは私も危険な部分はあると思います。ですがそれは何も仮想通貨に限ったことではありません。前述したように国が発行する通貨でさえ危険な可能性はありますからね。

投資として大注目!仮想通貨を始める人が急増

ビットコインはわずか一年足らずでその価値が20倍近くになりました。2017年1月に1ビットあたり約10万円だった相場は、止まることを知らない速さで高騰。2017年12月現在は1ビットあたり約200万円です。

もうとんでもない代物ですね…今年の頭から投資していた人は相当な利益を出したことでしょう。

仮想通貨は価格の変動が荒いと言われますが、荒い故に短期間でこれだけ価値が上がることもあります。年内でFXからビットコインに乗り換えた人も多く、元手1,000万円で始めた人はすでに資産規模が1億円を超えているそうです。

2017年は間違いなく「ビットコインバブル」の年となりましたね。

また、仮想通貨もそうですが、それを作り出すブロックチェーン技術そのものを支援する投資家もいます。

始めるには取引所でアカウントを作る

「1ビットコイン200万円もするなら投資のハードルが高い…」と思われる方もいるかもしれませんが、ビットコインは1ビットコインからしか買えないわけではありません。

0.01ビットコインなどでも購入することができます。つまり数千円や数万円程度の資金でも仮想通貨を始めることができるということ。

そして実際に0.01ビットコインからでも取引できるのが【QUOINEX】です。



口座開設は無料。スマホ専用のアプリもあるのでいつでも取引ができます。

気になる取引手数料も通貨ペアによっては0円で、困ったことがあればLINEでチャットサポートも行ってくれる初心者にもおすすめの取引所です。

これからさらに世界中で注目を浴びるであろう仮想通貨をこの機会に始めてみてはいかがでしょうか。

ハッキングに気を付ける

仮想通貨で気を付けたいことの一つが「ハッキング」による被害です。これだけ価値が上がり誰もがこぞって持ち始めたものを狙う輩は必ずいます。

実際に中国の取引所ではハッカー集団に襲われて数億円の被害が出たこともあります。

ブロックチェーン技術はハッキングが不可能と言われる技術ですが、ビットコインそのものは狙われる可能性があるということを念頭に置いておきましょう。

まとめ

ビットコイン(仮想通貨)は副業や投資を考えるなら候補として外せません。2017年があまりにも絶好調な相場だったため今後どうなるか全く予想がつきませんが、落ちる可能性もあればまだまだ上がる可能性もあります。

上でも紹介したように少額からでも始めることはできるので、まずはどのようなものか興味がある方は触れてみましょう。

また、相場の動きもそうですが、数年後の仮想通貨は今以上に生活の中で身近に感じるものになっているのではないでしょうか。

初めてビットコインに投資してみた様子はこちらの記事をどうぞ。

かねてから副業として気になっていた仮想通貨に初めて投資してみました。買ったのは今まさにバブルと言われる「ビットコイン」。仮想通貨初心者が気軽に買ってみた結果、どのくらい稼ぐことができたのか書きたいと思います。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする