【アドセンスの審査に落ちたら】広告を表示させるだけで稼ぐ「medi8(メディエイト)」

シェアする

より一層審査が厳しくなったと言われるグーグルアドセンス。しっかり対策したにも関わらず審査に何度も落ちてしまった場合、他の広告配信サービスの利用も考える必要があります。

今回は、アドセンスに少しでも代わるかもしれない、広告収入でおすすめの「medi8(メディエイト)」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

かなり厳しくなった?アドセンスの審査事情

グーグルアドセンスは数年前と比べて段違いに審査が厳しくなったと言われています。私が審査に通ったのが約2年くらい前なので、審査に落ちた人の話を聞く限り確かに難しくなったように思います。

一度審査に落ちると二度三度申請しても結構な人が落ちてるそうですね。

もちろん二度目で通るケースもあると思いますが、個人的には一度ダメだったブログやサイトで再度審査に臨むのはおすすめしません。

というのも、おそらく素人がいくら考えところで何が原因で落ちたのか見つけ出すのは困難でしょう。アルゴリズムもそうですが、グーグルの定める基準というのは日々変化します。私は以前アプリ関連の仕事に就いてグーグルプレイにアプリをリリースしたりしてましたが、昨日まで大丈夫だったことが翌日にはペナルティなんてこともありました。

そういった意味で、根本的に変えるためにもイチから作り直した方が良いと思います。

せっかくドメインまで取ったのに面倒臭いと思われるかもしれませんが、ドメインなんかよりアドセンスの審査に通る方が重要ですからね。

アドセンスの審査をパスするために

「アドセンスの審査はこうすれば受かる!」という内容を以下の記事でも書いたことがありますが、ここでも基本的なことを改めて書きたいと思います。

初心者がアドセンスブログを始めたら一体どれくらい稼げるのか? ブログ運営そのものが初めてだった私が、アドセンスブログを始めて3ヶ月で得...

まず、以前は可能だった無料ブログは審査に通らないようになりました。必ず独自ドメインで受ける必要があります。

無料ブログでも有料サービスにしてドメインを取得すれば問題ありません。

独自ドメインでブログを作ったら、内容のある(価値のある)記事を毎日作っていきましょう。中身がなさ過ぎる記事や短い文章ではダメです。当たり前ですが盗作やコピペなんて以ての外です。

記事数に関して私は5記事程度で大丈夫でしたが、審査が厳しくなった今なら20〜30記事は用意した方がいいかもしれません。文字数は最低1,500文字以上は欲しいですね。念のため「少し多いかな?」と思うくらいボリュームを持たせましょう。

基本的にはこれが出来れば私は審査に受かると思ってます。誰が見てもしっかりしたブログであれば落ちることはありません。

あとは、ポリシーなど禁止されていることさえしなければきっと大丈夫なので、規約などは事前に読んでおきましょう。

アドセンスに代わるか「medi8(メディエイト)」

先にはっきり言ってしまえば、アドセンスに代わる広告配信サービスはありません。あくまでアドセンスを除いた中ではおすすめということです。

それだけアドセンスというのは広告単価も高く別格の存在です。アドセンスも他社のサービスも両方使ったことがある人なら分かると思いますが、アドセンスは広告単価がとにかく高いのです。

アドセンスは1クリックされるだけで数千円発生する広告も珍しくありません。単価数百円の広告なら私のブログでもしょっちゅう表示されます。

そのため、ブログ収益化を目指す人は何よりもまずアドセンスの審査をパスするようブログ作成に努めましょう。

それでも万が一審査に落ちてしまったら、その時は報酬形式が似たような他社サービスを使うことになると思います。例えば「忍者アドマックス」や「アイモバイル(i-mobile)」などですね。

随分前ですが私は両方とも使っていたことがあります(今はもう使っていません)。

使った感想としてはやはり広告単価が著しく低く、毎月の収益というのはほとんどありませんでした。そのため今では「アドセンス以外は論外だなぁ」と思っていたのですが、ここ最近出来た(2014年頃)広告配信サービス『medi8(メディエイト)』というのを知りました。

利用者は個人法人含め年々増えており、アドセンスを除いた広告サービスの中ではトップクラスかもしれません。その特徴を挙げていきましょう。

広告単価が他より若干高い

最も大事な広告単価ですが、これが他社に比べて高いと言われています。

実際にメディエイトを利用している方たちのブログも読み漁りましたが、おしなべて業界の中では高い方だという見解を述べています。

表示される広告によって単価はピンキリなので具体的な金額は言えませんが、広告単価が他に比べて高いならそれだけで選ぶ理由になると思います。

クリックされなくても収益が発生

クリックされなければ報酬が発生しないクリック型に比べ、メディエイトではアドセンスと同じように広告が表示されるだけでも報酬が発生します。

もちろん収益は小さいものですが、それでも発生するかどうかはモチベーションにも大きく影響してきます。

審査がそこまで厳しくない

厳しいアドセンスの審査に比べるとかなり優しいと思います。アドセンスで落ちたサイトやブログでも、そのままメディエイトでは通る場合もあるでしょう。

アドセンスの審査に不安がある人は、一緒にメディエイトの審査も受けておくといいかもしれません。

まとめ

今回「medi8(メディエイト)」をおすすめする内容ではありますが、それはあくまでアドセンスの審査に落ちた場合です。広告収入を得るには天下のグーグルで間違いありません。

アドセンスだけで月収10万円は比較的可能性がありますが、他社の広告配信サービスで月収10万円となると相当な難しさだと思います。

仮に他のサービスで10万円稼げるなら、同じことをしてアドセンスはその何倍も稼げるでしょうね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする