金券ショップって利用してる?かなりお得だから節約したい人におすすめ

商品券

まず節約の前提として、個人的には「【無理な節約より副業】ストレス溜めて節制するくらいなら収入を上げよう」で書いたように、無理ある必死な節約というのはおすすめしません。

必死とは例えば、健康状態を顧みず毎日カップ麺で生活したり、何かを我慢してストレスを溜めるような「リスクある節約」のことです。

このブログで紹介する節約は、それらデメリットがないおすすめの節約しか書きません。

そこで今回ご紹介したいのが「金券ショップ」を利用した節約です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

金券ショップの魅力

節約好きにとって金券ショップの利用は当たり前かもしれませんが、もし節約生活しているのに利用していない人がいたら、それは非常に勿体ないことです。

例えば読書が趣味の人は多いと思いますが、よく書籍や雑誌を買うのであれば、キャッシュで買うより図書券で買いましょう。

私もiTunesカードを買う際は金券ショップで定価より安く買っています。

場所も基本的に駅前であれば見つけることができるので、何かのついでに寄れるのも嬉しい点ではないでしょうか。

おすすめの金券

乗車券

様々なチケットを扱う金券ショップの中で、特におすすめしたいジャンルを挙げてみましょう。

乗り物系

金券ショップで特に割引額が大きくなるのが乗り物系のチケットです。

新幹線や航空券など、有効期限が迫っているものであればあるほど割引額は大きくなり、正規で買うより1,000円以上お得になるなんてこともあります。

仕事等で頻繁に遠くへ行く予定がある人などは是非利用してみましょう。

遊園地などのイベント系

遊園地やイベント系のチケットもおすすめです。

遊園地といえばディズニーランドなどがありますが、事前に金券ショップで買っておけば当日買う手間を省くことができます。

また、こういったイベントには複数人で行くことが多いと思うので、他の人の分も買ってあげればそれだけ全体の割引額は大きくなります。

商品券やギフトカード

普段の生活に必要な日用品こそ商品券でお得にしましょう。

1,000円分の商品券の場合、安くなるのは20〜30円くらいと大したことはありませんが、他の金券やチケットに比べて使う機会は圧倒的に多くなるので、それだけ年単位で見ればトータルの割引額は大きくなります。

金券ショップのデメリット

金券ショップ節約にはデメリットがないと言いましたが、強いて挙げるなら「有効期限」があることでしょうか。

例えば上でも書いた新幹線のチケットなんかは、もしも予定が変更になったりキャンセルになった場合、ただの紙切れとなり完全に無駄な出費となってしまいます。

それに加え期限があるということは、「大量に買ってストックしておく」ということもできません。

よく利用するものでも短い期限が設けられている場合、その都度金券ショップへ足を運ばなければいけないのは少し手間かもしれませんね。

金券を売りたい場合はネットもおすすめ

金券ショップは購入だけではなく売る際にも利用できますが、もし不要な金券やチケットがあるならネットで売ってみましょう。

以下のサイトなどがあります。

金券買取EX

金券買取EXでは、商品券はもちろん、電子ギフトや株主優待券など、約70種類以上ものギフト券を買取しています。

「店舗まで足を運びたくない」「すぐにお金に換えたい」という人にはおすすめです。



ベテルギフト

ベテルギフトでは、業者ではなくギフト券を買いたい個人へ売ることができます。

その場合一番ネックになるのが相手とのやり取りですが、ベテルギフトは仲介人として入ってやり取りしてくれます。

もちろん売るだけではなく購入することもできるので、どちらにも興味がある人には良いかもしれません。



まとめ

街中であればそれなりに金券ショップは点在していますが、なかなか普段利用しない人も多いと思います。

たかが数十円の割引でも、金券生活を習慣づければ年間で驚くくらいの節約になっているかもしれません。

副業を基本としながら、リスクがなくてそれなりに効果の得られる節約を並行して行いましょう。

また、金券ショップは店舗によって取り扱う金券の特徴が違ったりするので、複数の店舗をチェックしてみることをおすすめします。

私も初めて利用した時は思った以上に様々な金券やチケットが並んでいたので、是非一度店内を覗いてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする