【メルカリでトラブルを防ぐには】事前に知っておくべき対策と方法

メルカリ せどり 転売 稼ぐ

今回はフリマアプリ『メルカリ』で多いと言われる「利用者同士のトラブル」について書きたいと思います。

誰でも簡単に利用出来るが故に頻発しやすいのがトラブル。万が一起きてしまった争いごとを鎮める方法や、事前に知っておくべき対策などご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

メルカリの欠点

今や副業で最も人気と言っても過言ではないフリマアプリのメルカリ。要らない物を処分するため、欲しいものを探すため、せどりや転売で利用するためなど、利用する目的は様々です。

しかしそれほど多くの人が利用するということは、それだけ利用者間でのトラブルが多いということ。

メルカリは手数料の高さが難点だと言われたりしますが、個人的にメルカリ最大の欠点は「利用者のモラルが低い」ことです。つまり、利用者に年少者が多い(あるいは精神年齢が低い)と感じます。

では具体的にどのような人がいるのか、対策の前に私が実際に体験した例と共にご紹介しましょう。

メルカリの一部は非常識でマナーが悪い?

私がやりとりの際に言われた内容もあります。ここで挙げた例以外にも、もっとマナーの悪い人や非常識で酷い経験をされた方もいるかもしれませんね。

「半額になりませんか?」

いきなり最初のコメントで提示している金額より半値を希望してきた方です。品物が品物だっためおそらく相手は子供であった可能性が高いと思われます。

当然希望は通しません。単純に持ち合わせがなかった場合も考えられますが、人によっては「貴方の商品の価値は半額が妥当です」と捉えられてもおかしくありません。

失礼極まりないですね。

「品物をください」

はいぶっ飛んでます。もはや半額ですらありません。

私は言われたことはありませんが、このような経験をされた方は結構多いと聞きます。「無料で郵送してくれ」なんて売り手をボランティアか何かとでも思っているのでしょうか。

「評価下げます」

メルカリはやりとりをした相手に三段階で評価を付けることが出来ます。商品は予定通り届き、状態や内容にも問題ありません。しかし…

「コメントがなかったので評価を一つ下げました」

これは評価を付ける際に「取引ありがとうございました」のような一言を添えることが出来るのですが、要は無言で評価(良い評価)を付けられたことに買い手が気に入らなかったのでしょうね。

私は評価を付ける際には一言添えていますが、中にはもちろん評価だけの人もいることでしょう。商品に何も問題がなかった以上、これだけで評価を下げるのは人としての器が小さいと言わざるを得ません。

もしも相手と揉めてしまったら

コメントでやりとりをしている内にもしも相手と揉めてしまったらどうすればいいのか。これはもう至って簡単です。

ブロックしましょう。

これに尽きます。私はまだメルカリでは経験ありませんが、別のものでトラブルになったことはあります。一度でも揉めた以上、その相手と売買が成立する可能性は極めて低いでしょう。

そのような時はすみやかに相手をブロックすることをおすすめします。買い手はその人だけではありません。不毛なやりとりはナンセンスです。

ちなみにメルカリで相手をブロックする方法は、相手のプロフィールページにある右上の「・・・」をタップするとブロックの有無が表示されます。

事前に出来る対策

メルカリで未然にトラブルを防ぐ方法や知っておくと役立つことなど挙げてみたいと思います。

値下げ交渉を受け付けない

トラブルの多くはやはり「商品の金額」についてかと思います。メルカリでは値下げが基本とまでされていますからね。

確かに、対個人であれば値下げ交渉をした方が安く手に入る可能性は高いでしょう。しかしそれはトラブルを招くタネでもあります。

そうならないためにも、商品内容の欄へ事前に「値下げ交渉は受け付けません」と一言明示しておきましょう。

それでも値下げ交渉をしてくる人がいた時は、断るか…ブロックですかね笑

年齢層を意識する

私個人の偏見もあるかもしれません。トラブルになるケースの多くは相手が男性且つ年齢が低い場合です。

ヤフオクなどとは違いメルカリに年齢制限なんてものはないので(ヤフオクは親の同意が必要)、中学生や高校生でも利用出来てしまいます。一応クレジットカード情報を入力する必要がありますが、身内のカードやVプリカを使えばそれも可能。なので私としてはやりとりを避けたい層です。

その対策として予め出来るのが、ジャンルを絞る方法です。おもちゃやゲーム機など、そもそもそういった層が欲しがるものを売りません。

メルカリをせどりや転売の副業として利用するなら、洋服やアクセサリーなど女性向けの商品を意識して仕入れましょう。

内容は正直に

商品の受け渡しが済んでから起きる可能性のあるトラブルです。届けた商品が壊れていたなんてことは問題外。

売りたいからと内容を偽らず、出品する商品の状態や付属品、いつ頃の物かなど、商品のデータは正確に売り手がわかるようにしましょう。

まとめ

以上が私の考えるメルカリのトラブル事情と対策です。起きてしまったトラブルには即ブロック。長々と無意味なやりとりをしたり、ましてや罵り合うなんて言語道断。次の人と気持ちの良い取引をしましょう。

また、メルカリを副業で使う場合はどの層をターゲットにして仕入れるか決めておきましょう。それが未然にトラブルを防ぐ一つの方法になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする