賞金総額50万円!?スマホの写真が売れる「スナップマート」

スマホ写真 ストックフォト

スマホに保存してある写真が売れるかもしれない「スナップマート」というサービスについてご紹介します。

「景色や動物を撮影するのが好きでスマホにたくさん写真がある」なんて人には良いお小遣い稼ぎになるかも?

進化するスマホの画質

昨今のスマホはスローモーション撮影や自動フォーカス機能、人工知能を搭載して自撮りが盛れるものなど、もはや一般的なカメラと遜色ないほど魅力的な写真を撮ることができます。

画素数で言えば2,000万画素以上のカメラを搭載したスマホもあるほど。

そのため「スマホのカメラは高性能だけどほとんど写真は撮っていない」という人はもったいない!

せっかく綺麗な写真が撮れるなら、素敵な写真を撮って販売したりコンテストに応募してみましょう。

スマホの写真が売れる!「スナップマート」とは

スマホで撮影した写真やスマホのカメラロールに取り込んだ写真を売ることができるのが【スナップマート】というサービス。

副業として最大の魅力は「手間がかからない」という点。

副業に割く時間がないという人は多いと思いますが、スナップマートはストックフォト同様、売りたい写真をただアップロードしておくだけなので作業時間はほとんどありません。

元々売れそうな写真のストックがある場合に限りますが、ない場合でも外出している時に良いと思う風景や物を普段から探してみましょう。

報酬が発生する仕組みは、「単純に買われる」「コンテストで入賞する」かのどちらか。

一枚売れたぐらいでは微々たるものですが、スナップマートを副業にする人はコツコツ売って月に3〜5万円と良いお小遣い稼ぎになっているそうです。

過去には賞金総額50万円のコンテストも!

スナップマートの公式ブログを見ると、過去に賞金総額50万円という超高額コンテストが開催されたこともあります。

その時のテーマが「海外のご飯」を撮った写真。

なかなか海外の料理を撮影した写真がスマホにある人は少ないかもしれませんが、自分が持っていなくても身内や知り合いに写真を持っている人がいれば問題ありません。

料理でなくても海外の写真は人気且つ貴重なので、周りに旅行好きな人がいたら、それら海外の写真をコンテストに応募してみないか聞いてみましょう。

写真が単体で売れるよりもコンテストで入賞した方が収入としては大きくなるので、積極的に応募してみることをおすすめします。

写真を売るコツ

自撮り棒

写真をアップしてもなかなか売れないことはあると思います。

売れない大きな原因は「ライバルが多い」から。

同じテーマで写真を売りに出している人が多ければ、当然中にはプロやプロ並みのテクニックでクオリティの高い写真を出している人もいるでしょう。

いくらスマホの画質が高くても素人が同じ土俵で勝負するのは非効率。

写真を考えるより先に「ライバルが少ないテーマ」で考えて写真を撮ってみるのも売るためのコツです。

例えば、珍しい種類のペットを飼っていて素材にすればそれだけでライバルは減ります。

また、スナップマートで特に人気のあるジャンルが「女性を含んだ写真」です。

「女性」がテーマの写真を撮る

普段インスタグラムなどでよく自分の写真をアップしている人にこそスナップマートはおすすめ。

公式サイトを見てもわかりますが、風景と一緒に女性が映った写真が多くあり、個人のユーザーや企業からの需要の高さが窺えます。

モデルや役者などの芸能活動をする女性にとっても、フリー素材として企業の広告などに使ってもらえたら自分を知ってもらうきっかけにもなりますし、何より副収入にもなります。

関連記事【女性限定の副業】美しさを仕事にする「パーツモデル」

まとめ

スマホの画質がここまで進化することで写真を撮る機会が増えた人も多いと思います。

もちろんただ懐かしんだり鑑賞用に保存しておくのも素敵なことですが、お気に入りの写真を他の誰かが「欲しい」と思ってくれるのも嬉しいことですよね。

多種多様な副業がある中で、是非スナップマートを副業に考えてみてはいかがでしょうか。