【IPO株は儲かる!】初心者にもおすすめの株式投資

シェアする

どの銘柄にすればいいか悩んでいる株初心者必見!

今回はIPO株の魅力についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

「IPO株」とは

IPO株とは、まだ市場に公開されていない、これから新規上場する株のことです。数にすると大体年間100社くらいではないでしょうか。

IPO株を購入するには事前に口座開設している証券会社で申し込む必要があり、応募した人の中から抽選で決定。見事当選することでIPO株を購入できます。

購入する時の価格は、投資家からどのくらい需要があるかなど、様々な要因によって決まります。

株で利益を出す人の中には「IPO株しか買わない」という人もいるくらい人気があるのも特徴です。

IPO株の魅力

IPO株最大の魅力といえば「新規上場日の価格」です。新規上場日は抽選漏れした投資家の買い注文が殺到することで、公募価格より高い初値がつく可能性があります。

実際に過去のIPO株を見ても初値で公募価格を上回るものは多く、中にはなんと公募価格の数倍になることも!

仮に公募価格が30万円だった場合、初値が60万円もつく可能性があるということですね。

基本的に新規上場日に売却して利益を得る投資家が多い印象ですが、株主優待に魅力を感じていたり、さらに株価が上昇する可能性を感じれば、そのまま保有しているケースもあります。

IPO株にだけ注目するトレードスタイルであれば、常にチャートを気にする必要もなく、忙しいサラリーマンにも向いていると言えるでしょう。

押さえておくポイント

IPO株をするにあたって、押さえておくべきポイントをいくつか挙げてみましょう。

抽選方法

IPO株の抽選方法は証券会社により異なります。完全ランダムに抽選を行うところもあれば、上客が当選しやすいような抽選を行うところもあります。

選ぶなら前者一択。どのように抽選されているか事前に調べておきましょう。

手数料

IPO株を購入する際にどれくらいの手数料が掛かるかもチェックしましょう。

事前資金の有無

証券会社によっては、IPO株に申し込むために事前資金が必要となる場合もあります。

初期費用を抑えたい人は注意しましょう。

話題性

新規公開予定の株がどれだけ話題になっているかも儲けを出すポイントです。

例えば、今ならAIに関する分野など強いかもしれませんね。

申し込みは複数の口座から

公募や抽選は複数のアカウントから申し込むのが基本。

新規公開株は決して多くはないので、少しでも当選率は上げましょう。

まとめ

当選こそすれば大きく利益を出せるかもしれない「IPO株」。特に株を始めたばかりでどの銘柄を選んでいいかわからない初心者は、必ずIPO株も視野に入れておくことをおすすめします。

もちろん初値が公募価格を下回ることもありますが、その時は割り切って手放すのが賢明かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする