【ニンテンドースイッチ効果が凄まじい!】任天堂の株価が急騰

シェアする

任天堂が2017年3月3日に発売した「ニンテンドースイッチ」。これが売れに売れ、今やどこの家電量販店でも品切れ状態が続いています。

そしてなんと、ニンテンドースイッチをきっかけに任天堂の株価がとんでもないことに!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

驚くほど人気の「ニンテンドースイッチ」

発売前から注目していた人も多い任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」ですが、そのあまりの人気ぶりに今でも入手出来ない品切れ状態とのことです。

ネット上では入荷に合わせて抽選販売を行っているそうですが、その倍率はなんと10倍。抽選に人が殺到する事態となっています。

なぜニンテンドースイッチがここまで話題になっているのか。おそらく、掲げたコンセプトでもある「家でも外でも遊べる」が見事にユーザーにハマったのではないでしょうか。

任天堂は2017年中に、世界で一千万台以上を出荷する見通しだそうです。

株価が半年で急騰!

ニンテンドースイッチが爆売れということで、任天堂の株価も爆上げしています。

2017年2月頃は2万円ほどだった株価は、およそ半年で4万円近くまで上昇60%も上がっています。

大手企業の新型機がヒットすることは不思議なことではないので(ここまで人気なのは驚きですが)、あらかじめ予想がつきやすく、比較的儲けを出しやすいケースかもしれません。

株主総会では過去最多の参加者

つい先日行われた任天堂の株主総会では、参加者が過去最多の1,000人超え。任天堂ということもあってか、中には子供を連れて参加している方もいました。

また、参加した株主は今後さらに上がりそうな株価に期待を膨らませているそうです。

どこぞの降格した企業の株主総会とはえらい差ですね…

多くのゲームメーカーも期待

とあるゲームメーカーでは、スイッチ人気を予想してスイッチ用のソフト開発を進めているそうです。

経営者曰く、「スマホゲームの開発も手がけているが、スマホゲーム市場は非常に競争が激しく、一部のメーカーしか生き残れない」とのこと。

これだけの人気だと他企業も続々とソフト開発に手をあげるかもしれませんね。

その一方である問題も

そんな明るいニュースの裏で、あることが問題にもなっています。

それが、転売問題です。

個人またはグループが大量に仕入れ、それをオークションなどで売りさばきます。スイッチの通常価格は約30,000円ほどですが、それが40,000円や50,000円などの高値で取引されています。

このような形でお金儲けをするのは邪道だと私は思います。純粋にゲームを楽しみたい人の手に届かず、ゲームに興味のない人間が大量に所有する。これではユーザーだけではなく、開発者側も憤りを感じることでしょう。

まとめ

投資家にとっては新型ゲーム機よりも、それにより株価にどのような影響を与えるかが重要です。これだけの大ヒットを記録すれば大きく利益を上げる大チャンス。

ニンテンドースイッチがまだまだ売り上げを伸ばしそうなこともあり、任天堂株は今後も注目ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする