【欲は最大の敵】FXや株で欲に負けず利益を出しやすくする方法3選

シェアする

FXや株において最大の敵と言えるのが「欲」です。人間である以上欲をかくのは仕方のないことですが、この欲に脳が支配されてしまうと取引で利益を出すことは難しくなります。

欲をコントロールするにはどうすればいいのか。管理人自身がFXで欲をかき失敗した経験も書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

欲を排除することは不可能

欲望は全ての活力の源にもなり失敗の原因にもなります。物事が上手く進んでいたにもかかわらず、欲をかき失敗してしまった人も多いのではないでしょうか。

しかし、人が人である以上欲を完全に取り払うことは出来ません。取り払うことは出来ませんが、コントロールすることは可能です。

そして特に欲が影響しやすいのが株やFX。投資の世界は相場だけではなく、己の欲との戦いでもあります。

一瞬で利益を溶かす

私自身、普段からFXはよくやりますが、必ずストップロスを入れるようにルール決めをしています。経験上、引き際のラインを設けないとどうしても「もしかしたら少しだけでも取り返せるかもしれない…」と思ってしまうからです。

故に、このルールは覆してはいけません。チャートを見ていると損切りラインに触れる瞬間を目の当たりにすることもありますが、この時に潔く手放せるかどうかが重要。

また、大きく利益を出した時にさらに儲けようと無茶なトレードをするのが、まさに欲に負けた人間がすることです。そして私は過去に数分で10万円儲け、それを一瞬で溶かしたことがあります。

その様子は過去にFXに挑戦したこちらの記事でも書いています。

副業として注目する人も多い「FX」。私も初めてFXに手を出してみました。 やってみた感想と副業としてアリなのかどうか書きたいと思います...

具体的な3つの対策

では具体的に欲に負けないためには、どのような対策を講じることが出来るのか。私が行なっていること含め挙げてみたいと思います。

目標を明確にする

これが最も効果の高い方法ではないでしょうか。投資で成功している人は目標額や目標値というのを明確にしています。

「今日一日はこれだけ利益を出したら取引はしない」と決めておくことで、余計な取引をせずに済みます。

ルールを定め、変更をしない

上でも述べたように、自分で定めたルールを遵守し安易に変更しないことです。効果が望めそうで理にかなっている変更であるならまだしも、ただなんとなく破ってしまい結局ぶれたトレードをしているようでは、安定して利益を出すことは難しいでしょう。

ルールを決めず直感だけでトレードを続けることほど愚かなことはありません。

自分でトレードをしない

どうあっても自分の感情が邪魔をするのであれば、いっそ自分では取引をしない方法もあります。株なら投資信託(ヘッジファンド)など、いわゆるプロに任せましょう。色々とイチから相場について勉強する手間も省けます。

FXに関しては、リピート型FXなどシステムを利用してトレードする方法があります。リピート型FXは過去の相場から傾向を掴みトレードを行うというものです。

FXも今や自動で行う時代!話題の自動取引システム「トラッキングトレード」についてご紹介したいと思います。 FXに興味はあるけど損をする...

まとめ

欲は人の目を晦ませ冷静な判断力を奪います。しかし、利益を出すにはこの欲に打ち勝たなくてはなりません。

今回挙げた方法などは一例にすぎないので、自分に合ったトレード方法を見つけましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする