【空き家を活かす副業】外国人をターゲットにした民泊ビジネス

シェアする

空き家や別荘などを宿として他人に貸す「民泊ビジネス」。今後さらに需要拡大が見込める注目の副業です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

民泊とは

民泊とは、旅行者などがどこにでもあるような民家(転貸許可のある物件)に宿泊することです。近年、国外からの旅行者が増えたことにより需要が増加傾向にあります。

「ホテルや旅館もいいけど、日本の一般的な家に泊まってみたい」「古民家に興味がある」と話す外国人は多くいます。宿泊費が公共の施設より比較的安価であるのも魅力の一つ。

温泉などがある観光地や、有名施設のある行楽地など、海外のみならず国内からの旅行者も多く来るような場所は特に民泊向けと言えます。

大手企業も続々参入

楽天やエアービーアンドビーなど、大手企業も続々と民泊施設を増やす意向を示しているとのことです。やはり海外からの旅行者が非常に増えていることがその理由に挙げられます。

また、2020年には東京オリンピックが控えていることもあり、今後も民泊事業に参入する企業や、副業として始める人はさらに増えていくことが予想されます。

ホテル(宿泊施設)の数が足りていない?

人気の観光地「京都」では、訪日外国人の増加に対してホテルなどの宿泊施設が足りていないとのことです。なんと予約するのに3ヶ月もかかったと話す外国人も。

そのため、京都近辺で宿泊できる物件はかなり狙い目かもしれません。民泊を考えている方は人気観光地から優先して探してみましょう。

また最近の旅行客の特徴として、物にお金を使うのではなく、宿泊や食べ物などのサービスにお金を使う傾向があるそうです。

ディズニーランドを利用した人も

ディズニー好きの方はご存知の方も多いと思いますが、2016年6月にオープンした中国の「上海ディズニーランド」。中国ではこのオープンに合わせて民泊事業を始めた人もいます。

ディズニーランド近くに民家を構え、国内からはもちろん、海外からディズニーランドに遊びに来た人もターゲットにします。

室内はなんとディズニー一色。まるで東京ディズニーランドのアンバサダーホテルを意識したような作りになっています。絵画からぬいぐるみなど、ディズニーファンなら普通のホテルより民泊を選ぶかもしれませんね。

料金体系も一般的な宿泊施設とそれほど差はなく、一見儲かりそうな気がしますが、その実情はあまりよろしくないようです。というのも、この民泊事業そのものに原因があるのではなく、ディズニーランドに原因があります。

オープン当初こそ盛り上がりを見せましたが、中国国内ではその料金の高さからなかなか来場者が振るいません。

この民泊施設には初期費用をかなり掛けたとのことですが、世界中で愛されるディズニーランドがまさかガラガラとは想像だにしませんよね…

副業で民泊ビジネスを始めるなら「民泊物件.com」がおすすめ

「民泊を副業でやってみたいけど、そもそも空き家を持っていない」という人がほとんどだと思います。しかし、おすすめする【民泊物件.com】では民泊用の転貸許可のある物件を紹介しています。



国内最大級で会員数は5,000人以上。想定収入なども調べることができるため、民泊初心者にはかなり始めやすい不動産ポータルサイトです。

ちなみに、実際に民泊ビジネスを始めている人には30代が多いそうです。

まずは無料の会員登録をしてどのような投資物件があるかチェックしてみましょう。

まとめ

クールジャパンとして海外から人気の旅行先として選ばれる日本。上海ディズニーのように読みが外れると目も当てられませんが、今後需要の増加が見込めるこの民泊ブームに乗ってみてはいかがでしょうか。

上でも書きましたが、民泊に使う家を持っていなくても【民泊物件.com】を利用すれば民泊ビジネスを始めることはできます。放置しているだけで収入が得られる副業は魅力的ですよね。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする