【未来の巨大産業になるか】注目が集まる「家事代行サービス」

シェアする

将来巨大産業になると言われる「家事代行サービス」。なぜ需要が増え注目を集めるのか、その実態に迫りたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

急成長する「家事代行サービス」

家事代行サービスは将来的に推計6000億円まで成長する産業と言われています。今でこそそれほど身近に感じることの少ないこのサービスですが、家事代行サービスを展開する企業では人手不足が深刻化しているようです。

そのうちの一つが株式会社ベアーズ。こちらでは新規サービスをストップせざるを得ないほど人材が不足。需要過多になっているとのことです。

以前、家事代行も含めた便利屋について書いたことがありますが、なぜ家事代行にだけここまで注目が集まるのでしょうか。

今回はちょっと変わった仕事「便利屋」について書きたいと思います。 求人こそあまり見かけないものの、これが驚くほどの高時給! 副業...

需要が増えた背景

家事代行を利用する人が増えた理由には、夫婦の共働きが多くなったことが挙げられます。

夫婦共に働くことになれば、疲労感などから毎日の家事が追いつかず、このようなサービスを利用するのも不思議ではありません。

家政婦と聞くと富裕層が豪邸に雇っているようなイメージが個人的にはありますが、家事代行サービスは安価で利用することが出来ます。

先に挙げたベアーズでは、お試しキャンペーンということで1回2時間4,980円で利用することが出来ます。この2時間でプロと呼べるスタッフが家の至るところをピカピカに掃除してくれるのであれば、とてもリーズナブルではないでしょうか。

支えるのは外国人?

このように、急激に利用者が増えているためスタッフが足らず、新規利用者にまで手が回らないという事態になっています。

そんな状況の救世主となるのが外国人です。家事代行に就く外国人にとって、首都圏や大阪などでは最長3年の雇用、給与も日本人同等となる制度があるため、多くの外国人が今後雇われに日本へ来ることになるかもしれません。

また、利用する側もスタッフが外国人だと何かと気を使わなくていいというメリットがあります。

日本語が流暢でなければ私生活の会話を聞かれることはありませんし、自国より高い給与で働ける環境であればきっちりと業務をこなしてくれそうですね。

家事代行サービスを始めるなら「CaSy(カジー)」がおすすめ


私の得意を仕事にする。家事代行時給1450円から

実際に家事代行サービスを副業として始める場合、代行サービスを展開している企業に応募しましょう。

中でもおすすめなのが高時給の「CaSy(カジー)」です。



応募に履歴書なども必要なく、サイト内ではわかりやすく動画解説もされています。

働き方も主婦にとってかなり都合が良く、週1日数時間程度からでも働くことができます。応募者にはしっかりと研修も用意されているので不安な人には嬉しいですね。

料理や掃除など、家事全般が好きな人は是非副業に家事代行を始めてみましょう。

まとめ

以上が市場規模が拡大しつつある家事代行サービスでした。アルバイトとして気軽に始めてみるなら「CaSy」がおすすめです。

家事代行のスタッフとして働くのも良いですが、今後需要がさらに増えるであろう家事代行サービスそのもので起業する!…なんてのも良いかもしれませんね。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする