【なくならない需要】掃除好きな人必見の仕事「片付け屋」

シェアする

この先も需要がなくなることはないかもしれない仕事「片付け屋」。便利屋などとは違い部屋の片付けを専門とするこの仕事ですが、アルバイトや副業としてやる人も多いとのこと。

「整理整頓や片付けが大好き」という方必見です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

片付け屋とは

自分では身の回りの掃除が出来ない人のために掃除を代行するのが「片付け屋」です。少々歩くのが困難なレベルの部屋からゴミ屋敷と呼ばれるほど酷い状態になった部屋まで、依頼があれば掃除のプロがキレイにしてくれます。

依頼料は業者によって異なりますが、片付ける量(重さ)や片付ける物でおよそ料金は決まるようですね。

以前便利屋について記事を書いたことがありますが、こちらは内容が片付けのみに特化している分、便利屋よりは時給額が低い印象。それでも時給1,000円以上は見込めるので体力仕事が得意な人には良さそうです。

今回はちょっと変わった仕事「便利屋」について書きたいと思います。 求人こそあまり見かけないものの、これが驚くほどの高時給! 副業...

似たものでは他に「遺品整理屋」という仕事もあります。こちらは内容が内容なだけに給料事情はかなり良いとのこと。

依頼主は意外な人?

どのような人が片付け屋を利用するのでしょうか。これが実は意外で、一見ゴミ屋敷とはイメージがほど遠いアイドル、つまり若い女性で依頼する人もいます。

片付けられない人を特集した番組を拝見したことがありますが、そちらでは実際にアイドルの卵をされているという方が出演されていました。部屋の様子はとにかく汚く、特に食べ物の容器やペットボトルなどがそのまま散乱した様子でした。

私は少々潔癖症の自覚があるので、一目見ただけでも人が汚したものを掃除するのは難しいと感じましたね…

片付けられない人も本当は自分で片付けたい

片付け屋に依頼をする人は始めはやはり自分で掃除しようと思うのだとか。その証拠に、散乱したゴミの中には掃除するための道具なんかがよくあるそうです。

副業やお小遣い稼ぎをしたい人にとって結局使わない道具や参考書を買うのは本当に無駄な出費、ましてやたかが片付け程度でお金も支払って業者に頼むなんて言語道断です。

入ってくるお金が少ない分、出ていくお金は最小限にとどめましょう。

まとめ

掃除が大好きな人にとっては天職かもしれないのが「片付け屋」です。確かに、汚い部屋をキレイにした後のビフォーアフターを見るのは気持ちが良いですよね。

また、「片付けられない」という人は今もこれからも必ず居ます。片付け屋を生業としている人は今後もおそらく仕事の依頼がなくなることはないでしょう。

片付け屋で働く以外にも「家事代行サービス」といった形の働き方もあります。主婦がゴミ屋敷で重いゴミをトラックの荷台に運ぶのは現実的ではないかもしれませんが、家事代行として片付けや掃除をするなら隙間時間で良い副業になりそうですね。

将来巨大産業になると言われる「家事代行サービス」。なぜ需要が増え注目を集めるのか、その実態に迫りたいと思います。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする