NFTは副業になる?仮想通貨との違いや関係を分かりやすく徹底解説

NFTは副業になる?仮想通貨との違いや関係を分かりやすく徹底解説パソコンで稼ぐ
スポンサーリンク

NFTは副業になるのか、仮想通貨との違いや関係を分かりやすく徹底解説します。

2021年頃から知名度が上がってきたNFTですが、実際の利用方法や注意点などについてまとめます。

興味を持っている人やこれから始めてみたい人はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

NFTとは

NFTは副業になる?仮想通貨との違いや関係を分かりやすく徹底解説
NFTとは「Non-Fungible Token」の略語で代替不可能なトークンのことです。

トークンが暗号資産を指していることから、仮想通貨と混同されることも少なくありませんが、仮想通貨は代替可能な性質を持っているのに対し、NFTは唯一無二、一つだけのオリジナルという価値を有しているという違いがあります。

例えば、仮想通貨の場合は同じ価値であれば交換することが可能ですが、NFTの場合は代替品がないので、その価値に応じて別の対価が必要です。

現実世界で言えば、サイン入りのアイテムやシリアルナンバーのついた会員権、不動産などを想像すると分かりやすいでしょう。

動画や画像、音声などのデジタルデータは複製が比較的容易ですが、ブロックチェーン上で構築されたNFTであればコピーや改ざんができず、所有権や取引履歴なども確認できるようになります。

そして、NFTは所有者が自由に取引や移転することができるので、このシステムを利用して希少価値の高いデジタルデータを販売することが可能です。

また、データに付加機能を追加することにより、手数料の設定やロイヤリティの徴収などもできます。

このように、NFTはさまざまな特徴を持っており、実際にいろいろなジャンルで幅広く展開されています。

NFTの利用例

NFTは副業になる?仮想通貨との違いや関係を分かりやすく徹底解説
NFTは多くのシーンで利用されていますが、初めての方にはどのような使われ方をしているのかイメージしづらいかと思います。

以下に、代表的な利用例をご紹介します。

ゲーム

NFTはゲームとの親和性が高く、アイテム等の売買も頻繁に行われています。

従来のゲームでは獲得したアイテムやキャラクターはアカウントごとに紐づけされているため、他者に譲り渡すことができませんでした。

しかし、ブロックチェーンゲームではアイテムやキャラクターがNFT扱いになるため、異なるゲーム内で利用したり、他者と売買をしたりすることが可能です。

また、チートプレイができないため、公平にゲームを楽しむことができます。

アート作品

絵画や写真、イラストなどのアート作品は、アナログであれば唯一無二の品物となりますが、デジタルデータでは複製されることも少なくありません。

しかし、NFTアートにすることで、そのデジタルデータが唯一無二の作品であると証明できるので、アナログ作品のように希少価値が認められて高値で取引することが可能です。

将来性のあるアート作品を転売するだけでなく、自作のアート作品を販売する際にも活用されています。

コレクターズアイテム

希少価値の高さが大きな金額になり得るコレクターズアイテムは、NFTにぴったりです。

トレーディングカードや販売数量限定作品などはファンからの人気が高く、価格が高騰する可能性も非常に高くなっています。

不動産

代替不可能という性質を利用して、不動産をNFT化する動きもあります。

不動産そのものをNFT化することで、売買契約書の作成や登記手続きなどを安全かつ簡単に行うことが可能です。

また、NFT化した不動産を担保として借入れをするといった活用方法もあります。

NFTを副業にする方法

NFTは副業になる?仮想通貨との違いや関係を分かりやすく徹底解説
NFTを利用したい場合、その特徴や具体的な利用方法を理解する必要がありますが、使い方次第で大きな利益が期待できる副業として活用することが可能です。

具体的に、どのような活用方法があるのかご紹介します。

NFT作品の転売

やり方としては、古書などのせどりと同じような方法です。

NFTは転売が禁じられているわけではないので、将来価値が上がると見込まれるNFTを投資対象として購入し、高く販売する転売が可能です。

そのためには、価値の高騰が期待できる作品を見つける審美眼や情報収集が必要ですが、手続き自体は端末から簡単に行えるため、実際の店舗を回って対象商品を探すせどりよりもはるかに効率が良いと言えます。

自作のNFTを販売する

アート作品などでよく見られる手法ですが、自分の作品をNFT化して販売する方法もあります。

この方法では、販売時だけでなく転売された際にロイヤリティが得られるため、需要が高い作品を生み出す能力があれば継続的に利益が得られる点が大きなメリットです。

プロのクリエイターが注目している手法ですが、現実には学生の作品が高値で取引されているケースも見られるので、挑戦してみる価値はあるでしょう。

ゲームで稼ぐ

NFTゲームで遊んでいる場合、ゲームのプレイ中に獲得したアイテムなどを換金することが可能です。

隠しアイテムや期間限定のキャラクターなど、希少性の高いアイテムであれば高額で販売することもできるでしょう。

ゲームで遊びながら副業にもなるので、人によってはやりがいのある方法と言えます。

NFTの具体的な始め方

NFTは副業になる?仮想通貨との違いや関係を分かりやすく徹底解説
NFTは基本的に、ネット環境と端末があれば利用することができます。具体的な手続きなど進め方について解説します。

まず、NFTの購入や販売は仮想通貨で行われることがほとんどなので、仮想通貨取引所のアカウントを作らなければなりません。

自分がどのようにNFTで稼ぎたいのか、どの媒体を利用するのかを決めたら、そちらで利用できる仮想通貨を選ぶとよいでしょう。

なお、NFTを利用する際にはガス代という手数料が発生します。混雑状況によって価格が推移するので、その時点で適切なものを選ばなければなりません。

次に、Webウォレットであるメタマスクを作成します。Google chromeの拡張機能なのでインストールは簡単です。

インストールができたら、メタマスクに仮想通貨を送金しましょう。その後、マーケットやNFTゲームなどにWebウォレットを接続し、取引を行うというのが主な流れになります。

NFTで副業をするには、コンテンツを充実させること、新しい情報を取り入れること、不正なログインを防ぐためにリカバリーフレーズの漏洩に気を付けることを意識しましょう。

そのうえで、現時点で人気の高い仮想通貨取引所やマーケットプレイスを利用するのがおすすめです。

ただし、どれくらい稼げるのかは扱っているNFTの価値によって大きく異なるため、一般的な平均値が出しにくくなっています。まずは自分が始めやすい方法で副業を行い、利益を得られやすい手法を探してみましょう。

NFTで副業をする際の注意点

NFTは法整備も不十分な可能性があります。

そのため、高収入を得る副業として利用するにはいくつか不安要素があるので、事前に確認しておきましょう。

まず、NFTの取引は仮想通貨を使用しますが、これは課税の対象となります。転売やNFTアートの販売で利益を得たときにどのような所得で申告をするかで迷う人もいますが、一つの基準として、継続的・定期的な取引を行う場合には副業として事業所得になると認識しておきましょう。

また、一般的に手数料が高く、著作権とは異なるので、アナログの作品を取り扱う場合とは異なるという認識が必要です。

仮想通貨とはあまり関係がないとはいえ、NFTと聞いて内容を理解できる人ばかりとは限らないので、まずは危険性のない取引であることやルールについて取引相手と十分に共有することも必要と言えるでしょう。

まとめ

NFTは従来の仮想通貨とは異なった特徴を持っているので、副業として利用する際にはその特徴を理解した上で、トラブルが発生しないよう注意しなければなりません。

また、副業と認識された場合には副業禁止の勤務先で働いている場合に違反行為になる可能性もあります。

きちんと事前調査と準備をした上で、副業として活用しましょう。