【仕入れ値ゼロ!】生き物好きにもたまらない副業「養殖業」の魅力

養殖業

「養殖」と聞くと一昔前に流行った副業というイメージが個人的にはありますが、今現在でも養殖業でお金を稼いでいる人はいます。

この記事ではどんな養殖が儲かりそうか、どのような養殖が人気なのか、養殖の魅力についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

養殖とは

養殖とはマグロやウナギ、牡蠣などの漁業関連でもよく耳にするワードですが、人の手で殖やすことを「養殖」と言います。

今回はマグロのような大きな話ではなく、あくまで個人で行える養殖について書きます。

養殖副業の魅力は何と言っても原価がゼロという点。

生き物が生息する場所へ自分の足で採取しに行けば、仕入れ値は一切掛かりません。

飼育に関しても、養殖する生き物によっては専用の飼育キットなどもあるため、副業の中でも全体的に初期投資はそれほど掛からない部類です。

養殖をしなくても小銭は稼げる?

珍しい生き物(その地域にしかいないような虫)は採取してそのまま販売するという方法もあります。

養殖と同じように売れるまでは飼育する必要がありますが、需要があればすぐに現金化出来るのが魅力。

例えば、「部屋にいた虫が1,000円で売れた」なんていう話も実際にあります。

住んでいる場所が森や川など、自然が多い地域ならそれだけでお金に囲まれているようなものですね。

そういった方は住んでいる環境を最大限に活かしましょう。

海が近くにあるならクラゲもおすすめです。

関連記事クラゲは高額で売れる!?意外な生き物で稼ぐ副業

こんな養殖が人気!

養殖といえばコレ!と言えるものを挙げてみたいと思います。

昆虫

苦手な人にとってはちょっと厳しいかもしれない昆虫の養殖

昆虫とは、蚕(かいこ)やミミズ、クワガタなどのことです。

蚕に関してですが、実はとても飼育しやすい生き物だということをご存知でしょうか。

餌をあげるのは幼虫の時だけ、それも1日に1回程度。

それからは繭を作り成虫になりますが、蚕は蝉と同じように儚く短い寿命です。

その短い生涯を終えるまでの成長する過程で作った繭(糸)が売り物になるのはよく知られていることですよね。

ほぼ放置しているだけでお金を生み出してくれるのが蚕養殖の良いところです。

クワガタの養殖は、稼ぐ人は相当な額を稼ぐほど儲かる養殖とも言われ、人気の種類(オオクワガタなど)は昔からマニアの間でも高値で売買されています。

メダカ

見た目の可愛さに癒されることから、メダカ養殖は養殖業の中でも需要が高く人気です。

ただ可愛いだけでなくメダカは育てるのもとても簡単。

飼育するハードルが低いので、家族はもちろん一人暮らしの人がペットやアクアリウムとして気軽に飼い始めることが多いのです。

虫に抵抗がある人でもメダカなら大丈夫かもしれませんね。

販売価格の相場は数百円〜千円程度と非常にリーズナブル。

初心者が養殖を始めるならメダカ養殖はおすすめと言えます。

養殖業のリスク・デメリット

次に、養殖業を始めるにあたって考えられるリスクやデメリットを挙げてみましょう。

副業を始める際はしっかりとリスクも把握しなければいけません。

飼育スペースの確保が必須

先に挙げた生き物はペットとして飼うレベルなら問題ありませんが、養殖として飼う場合はある程度の飼育スペースが必要になります。

どの程度の広さが必要かは生き物によって異なりますが、やはり水槽などは場所を取ります。

そのため、ワンルームなど限られた広さでお住まいの方にとっては養殖業は少々大変かもしれません。

養殖業をする専用の場所を借りるのも一つの方法ではありますが、副業においては少しでも初期投資は抑えたいところです。

潔癖症には難しい?

そもそも潔癖症の人が養殖業を始めることはないと思いますが、そうではない人でも飼ってみて初めて気付くこともあります。

例えば、部屋にこもる生き物独特の匂いが意外とキツく感じる人もいるかもしれません。

生き物との共同生活になれば当然その空間で食事をすることもあるでしょう。

火災や自然災害の被害

養殖業は火災などの被害に遭うとその全てを失ってしまう可能性があります。

アフィリエイトのような副業は例えパソコンが故障してもデータはサーバー上にあるので問題ありませんが、物として価値がある場合はどうしてもデータのようにバックアップを取ることはできません

火災に限らず、地震や台風など考えられるリスクには常に備えておきましょう。

養蜂家として稼ぐ方法も

養殖とは少々毛色が違いますが、育てて稼ぐという意味では似たジャンルとなる「養蜂家」

ご存知の通り、ミツバチが作るハチミツを採集して販売します。

養蜂と聞くと田舎の広い土地を利用して行なっているイメージがありますが、それなりに緑地があれば都会でも養蜂は可能です(コンクリートだらけの都会でもミツバチは生息できます)。

具体的にはビルの屋上や少し広い庭などがいいですね。ミツバチにとってより過ごしやすい環境になります。

養蜂に必要なニホンミツバチ(あるいはセイヨウミツバチ)は針や毒を持っていますが、スズメバチのような凶暴性はなく比較的おとなしい益虫です。積極的に人を刺すことはありません。

養蜂家の人がミツバチにたかられながら素手でハチミツを採集している様子を見たこともあるのではないでしょうか。

蜂蜜(はちみつ)は「栄養満点」「殺菌力が強い」「風邪にも効く」といった、万能薬とも言える食材です。

とても人気が高い食材なので今後も需要は伸び続けるでしょう。

ただし養蜂を始める場合は一点だけ、以下の注意事項があります。

日本では2012年6月に養蜂振興法(昭和30年8月27日法律第180号)が改正され、原則として蜜蜂を飼育する場合には都道府県知事への飼育届の提出が必要となった。

引用元:ミツバチ-Wikipedia

あくまで届出を出すだけなので、始めたい場合は上記のことを忘れずに行いましょう。

まとめ

養殖は副業の中では多少準備や手間がかかりますが、一度販売までのサイクルがルーチン化できればそれほど難しいものではありません。

投資などに比べてコストもかからないため、自然が多い場所で生活をしている人には是非ともおすすめしたい副業ですね。

昆虫採集や飼育を趣味にしている方は養殖業も始めてみてはいかがでしょうか。

また、「どうしても生き物は苦手だ」という人には似たようなジャンルで『多肉植物ビジネス』『苔ビジネス』などもあります。

今巷では「多肉植物」が大人気!単に育てることでも人気ですが、この多肉植物は副業(繁殖ビジネス)としても大注目のジャンルです。 今回は栽...
苔(コケ)で稼ぐ驚きの副業をご紹介!どこにでも生えている「苔」を拾ったり自宅で増やすことでお金に変えることができます。具体的な入手方法や増やし方など、苔ビジネスについて書きたいと思います。
誰でも拾って手に入れられるものにひと工夫加えるだけでお金を稼ぐことができます。元手となる資金は一切必要なし!中にはそれで会社を立ち上げる人も!?リスクのない副業を探している人必見の稼ぎ方を5つご紹介します。
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする