プロレスラーの年収はいくら?フリーで活動する人の収入を調査

※当サイトはプロモーションを含みます。
プロレスラーの年収はいくら?フリーで活動する人の収入を調査変わった仕事・アルバイト

プロレスラーの年収はいくらなのか、フリーで活動する人の収入も例にしてまとめます。

地方などのイベントに参加してファイトマネーとしてお金をもらうプロレスラーですが、その収入事情はかなり厳しいものでした。

名前が売れた有名なプロレスラーには稼ぐ人もいますが、ほとんどの人は稼げない職業です。

マネにゃん
マネにゃん

年収はまさかの◯◯万円…

プロレスラーの仕事内容は?ファンを獲得するのが大事

プロレスラーでキャリアを築いて稼ぐには単に試合に出るだけでは不十分で、日々練習と体作りに勤しみ、試合のパフォーマンスを高めることが重要です。

トレーニングを通して技の習得と身体能力の向上に努め、結果を出して知名度を上げる必要があります。

また、ファンとのコミュニケーションも欠かせません。サイン会や写真撮影、SNSもフルに活用して自身のことを知ってもらうための工夫が求められます。

プロレスラーとして活躍する人は当然多くの固定ファンがついており、たとえば新日本プロレスの社長である棚橋弘至さん(2024年1月時点)は「100年に1人の逸材」と言われるほどの人気プロレスラーで、そのファンの数もすさまじいものになっています。


売れていないかけだしのプロレスラーは、ファンとの交流を積極的に行いましょう。

プロレスラーの年収はピンキリ?売れないと相当厳しい世界

収入については、固定給プラス歩合給の形態が一般的です。出場する大会の規模や結果、商品販売の売り上げ、テレビやイベント出演など、多岐にわたる活動がプロレスラーの稼ぎに影響します。特に、メインイベントでの勝利やベルトの獲得は、収入増加に直結する場合が多くなるでしょう。

事務所に所属せずフリーで活動する人もいますが、その場合は地方のイベントなどに呼ばれてファイトマネーとして稼ぐことになります。

売れていないフリーのプロレスラーだと一回のファイトマネーが交通費込みで2万円と厳しい場合もあり、年収にして20万円〜30万円にしかならずとても食べていける収入ではありません。中には3年間活動して累計40万円しか稼げなかった人もいます。

また、海外で活躍するプロレスラーは、日本とは異なるビジネスモデルに触れることもあります。WWEなど大手プロモーションでは、テレビ放送権料やグッズ売上などの分配が収益に大きく寄与し、プロレスラーとしてのステータスが上がると、映画やバラエティ番組への出演、CM契約を結ぶことによって収入を大きく増やすことが可能です。

プロレス市場でも、地方プロモーションと大手プロモーション間での収入格差は存在しますが、地方小規模団体所属のプロレスラーは、チケット売上の一部が収入となるケースが多く、大会を成功させるための興行活動に関わることもあります。

成功の鍵はマイクパフォーマンスやキャラクター作りで、ファンを引きつける個性が収入向上にもっとも大事な要素と言えるでしょう。

プロレスラーが稼ぐためにはリング内外での努力が必須で、カラダを鍛えるだけではなく、ファンとの関係構築やマーケティングセンスも求められます。

自分自身のブランド価値を高めることにより、多方面での収入機会を作ることができるでしょう。

収入は体力と共に落ちていく

プロレスラーも体が資本なので、その収入は体力と共に落ちていきます。

いわゆる選手生命と言われる年齢については、プロレスラーは平均40歳くらいで他のスポーツ選手に比べると少し長めです。

ただ、その活動内容からもわかるとおりプロレスラーはケガがつきものなので、引退するまでほとんど休まずに活動を続けるのは難しく、引退の理由にケガをあげる選手も少なくありません。

そのため、現役時代にどれだけ知名度を上げて一回の出演料やグッズ販売などで稼ぎ、引退後もコメンテイターなどで活躍できるようになれるかが重要な職業と言えるでしょう。

プロレスラーになるには

プロレスラーの年収はいくら?フリーで活動する人の収入を調査

プロレスラーになるためには、まず何よりも身体を鍛える必要があります。筋力、持久力、柔軟性の強化に加え、基本的な格闘技術やプロレス技の習得が求められます。

フィットネスジムでのトレーニングはもちろんのこと、実際にプロレスの専門学校などで学ぶのもおすすめです。

プロレス技の練習だけではなく、試合のシナリオを理解し、観客を引き込むことのできるエンターテイナーとしての資質も重要なので、プロモーションを行う際のマイクパフォーマンスのスキルを磨く必要もあります。

体を鍛え上げエンターテイナーとしての技能を高めたら、プロレス団体の入門テストを受けて合格を目指しましょう。

国内外に多くのプロレス団体があり新人オーディションを定期的に開催していますが、合格の難易度は簡単ではありません。実際の試合でどれだけ観客を楽しませられるか、また技を安全にこなせるかが厳しく評価されます。

プロレスラーとしてのキャリアを重ねる中で、常に体のコンディション管理に努めなければならず、ケガを未然に防ぐためのケアはもちろん、長期のキャリアを保つためにもどれくらいプロレスについて理解しているかが重要です。

また、20代など若くして精神的に折れて引退してしまうプロレスラーも多いため、プロとして成功するためには地道な努力と共に強靭な精神力も必要になるでしょう。

男子プロレスと女子プロレスの違いについて

基本的にプロレスは迫力ある試合や個性的なレスラーで知られますが、男子プロレスと女子プロレスにはいくつかの違いが見受けられます。

技の種類や試合展開のスピード感において特性が存在し、女子プロレスではアクロバティックな動きが多く見られることが特徴的で、興行面でも女子プロレスは独自の進化を遂げ、専用のプロモーションやイベントが開催されています。

また、女子プロレスはアイドルのようなルックスから男性ファンが多く、観衆を惹きつける戦い方が男女で異なる点は見逃せないでしょう。

男女で年収に差はある?収入面について

プロレスラーの収入は一概には述べられませんが、男女間においては明らかな格差が存在する場合が多くなります。

男子プロレスは長い歴史と固定ファンを持つ大プロモーションが多く、テレビ放送や大規模な興行で高い収入を得るトップレスラーもいますが、一方で女子プロレスはスポットライトを浴びる機会が少なく、小規模な団体が多いためトップクラスであっても収入は男子に比べて低い傾向にあります。

ただ女子プロレスも近年人気が高まっており、スター選手は商品販売やメディア露出を通じて、収入を伸ばしている実例もあります。


また、インディペンデント団体で活躍する選手は自ら興行をプロデュースし、新たな収入源を確保する動きも見られるようになりました。

興業の規模やテレビ契約、スポンサー契約の有無などによっても収入は大きく変わるため、男子プロレスでも女子プロレスでも個々のプロレスラーの努力や戦略が収入に直結する業界であると言えるでしょう。

まとめ

プロレスラーの年収はいくらなのか、フリーで活動する人の収入も例にしてまとめましたが、売れないプロレスラーだと年収で100万円に届かないこともざらにあり、とてもプロレス一本で食べていくことはできません。

人気プロレスラーになるとテレビ出演やグッズ販売など収入源が多岐に渡るため年収も大きくなりますが、それくらい多くのファンがついて知名度を上げるのは並大抵のことではないでしょう。

フリーで活動する場合は地方などのイベントに参加してファイトマネーとしてお金をもらいますが、人気プロレスラーを目指す場合は練習生の募集に応募して入門テストを受けてみるなど、本格的に所属できる事務所を探してみるのがおすすめです。

大道芸人の収入(年収)はいくら?食べていけるのか徹底解説
大道芸人の収入(年収)はどのくらいあるのか、大道芸人一本で食べていけるのか解説します。仕事内容や投げ銭の相場についても紹介するので、副業にして稼げるのか気になる人は参考にしてみてください。
マネにゃん
マネにゃん

プロレスラーで稼げるようになるのはほんの一握りの人間です。