【副業で占い師】気になる収入例や個人で始める方法

タロットカード 在宅ワーク

「占い師」という職業は誰でも簡単になれるのか。副業でも始めることができるのか。

特殊な稼ぎ方ではありますが、意外と個人で占いを副業にしている人はいます。

私の知人が以前占い関連の会社で働いていたことがある話や、その実情についてご紹介します。

占い師は誰でもなれる?

まず全くの素人が占い師として働くことができるのかということについて。

これは…誰でもなれます

性別も年齢も関係ありません。

「何も知識がない人がそれっぽく適当に言ってるんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、これがちゃんと生年月日や風水、スマホカメラで撮った手相などから運勢を占います。

なぜ素人に占うことができるのかというと、会社が一から占い師として育てるからです(もちろん個人で勉強されて占い師になられるケースもあります)。

ある程度の知識と技術を身に付けてから実際の相談に乗るわけですね。

知人の会社には常に数十名の占い師が在籍していたとのことで、一般的に占い師は年齢が高そうな印象にありますが、中にはかなり若い占い師もいたそうです。

そもそも占いを信じる人がいるのか、需要はあるのか

そもそも占いと聞くとどうも胡散臭いと感じる人もいるのではないでしょうか。

私も占いの類は信じていませんし興味もありません。

ですが知人の会社では毎月かなりの売り上げがあるくらい相談者はいたそうで、都内で定期的に行われる占いフェスというイベントでは、毎回多くの人が来場されるとのこと。

占い市場は活況のようですね。

相談者には比較的女性が多く、やはり恋愛についての相談が特に多いんだとか。

占いは私のように信じていない人間にとっては無価値なものですが、信じる人にとっては価値があるものだと思っています。

なぜなら人は信じ込むことで脳がそれを本当のことだと思い込むから。

占いに限らず、実際に夢や目指したいことを口するのも脳には良い影響を与えます。

科学的にはこれを「プラシーボ効果」とも言いますが、良い意味で脳を錯覚させるのはとても素晴らしいことですよね。

ちなみに意外だったことに、ある雑誌のアンケート結果では世の中の富裕層の多くが占いを好み、信じるそうです。

富裕層の成功要因には少なからず占いも影響を与えているということなのでしょうか…

占い師で稼ぐ方法

占い師として稼ぐ方法は主に二通りあります。

会社の専属占い師として所属する

上で書いているように、企業の専属占い師として稼ぐ方法です。

占いを事業にしている会社であれば一般的なアルバイトの求人サイトでも募集されているので、知識がないならそこで雇ってもらい占いについて勉強しましょう。

私の知人も普通の求人サイトから応募したそうです。

「占いの経験者急募」や「電話占い師募集」と募集されていたり、表向きは「事務」として募集されていることもあります。

個人で開業する

企業ではなく個人で占いをする場合は、ヒーリングサロンやフォーチューンカウンセラーとして開業しましょう。

一般的な占い師を想像すると路上で座っている姿をイメージされるかもしれませんが、今時の占い師はLINEを使って占いをします。

LINEであればレスポンスが早いことや、会ったり電話をしたくない人、あるいは難聴の人など、双方にあらゆるメリットがあります。

相談者が気軽に相談できることや、占い師側も場所を選ばないというのがいいですよね。

もちろんLINEをやっていない人もいるので、電話やメールで占う方法もあります。

ただ、文面だけでやり取りする場合は相手に誤解を招くこともあるそうです。言葉選びなどは慎重になりましょう。

占い師の収入や時給はどのくらいか

占い師の収入事情は企業と個人で異なります。それぞれ具体的な例をご紹介しましょう。

企業占い師の収入

企業で占い師をやる場合、アルバイトなので時給として給料をもらうことになります。

知人を例にすると、時給1,000円からのスタートだったそうです。

都内であれば普通のアルバイトとあまり変わらない時給ですね。

占いのスキルが上がって指名も増えれば、時給は上がっていくとのことでした。

個人占い師の収入

次に個人で占い師をする場合の収入ですが、こちらは人により大きく異なります。

実際にある例では、一日4時間程度LINE鑑定をして、月になんと30〜50万円も稼ぐとのこと。

霊視10分で3,000円や、30で分5,000円など、短い時間で結構高い料金設定にされているとのこと。

また、個人で占いをする人の中には書籍を出版して儲けるケースもあるようです。

まとめ

副業で占い師になることは誰でも可能です。

一見選ばれた人にしかできなさそうなハードルの高さを感じるイメージですが、案外そうでもありません。

占い経験が全くないけど興味があるという人は、二年かけて占いを学ぶスクールなんかもあります。

ぜひ隙間時間で占いを副業にしてみてはいかがでしょうか。

関連記事【気になる収入】街中で見かける大道芸人ってどのくらい稼いでる?

関連記事【夫婦円満の人必見!】悩み相談を解決する副業「夫婦問題カウンセラー」

関連記事【月1日からできる副業】エキストラのバイトを体験した話