【気になる収入】街中で見かける大道芸人ってどのくらい稼いでる?

大道芸人 ジャグリング 変わった仕事・アルバイト

人が集まる場所やイベントなどに合わせて活動する「大道芸人」ですが、彼らは一体どのくらいの収入があるのでしょうか。

今回は大道芸人の気になる懐事情について書きたいと思います。

大道芸人とは

大道芸人は誰でも一度は見かけたことがありますよね。

古くは紙芝居が発祥とも言われますが、大道芸人は路上などで人を惹きつけるパフォーマンスを行い、それを見たお客さんから投げ銭を貰うことで生計を立てています

路上だけということでもなく、公演などに呼ばれれば全国各地でパフォーマンスをすることもあります。

その場合の収入は、投げ銭ではなく出演料という形で収入を得ます。

公演に呼ばれるためにはそれなりに実績が必要になるため、何かコンテストや大会などで入賞して名前が知られることでその可能性が広がります。

大道芸人の具体的な収入

実際に大道芸で食べている人は路上や公演でのパフォーマンスによりどのくらいの収入を得ているのでしょうか。

路上においては人やイベント、または場所により大きく変わってくるので一概にこのくらいとは言えませんが、公演に関しては相場があります。

一回の出演料は大体10〜15万円が相場とのこと。

個人的な感想ですが、やはり路上の投げ銭よりは公演などに呼ばれた方が収入は高くなります。

毎月2〜3回の公演依頼があれば安定して生活もできそうですね。

しかしながらその実情は厳しく、声がかかるほどの大道芸人はごく一部。ほとんどの場合は路上をメインに稼ぐことになります。

そのため、大道芸人の多くは本業の傍らアルバイトもしているのが現実のようです。

体が資本というリスク

余程の理由がない限り、大道芸人を目指すというのはなかなかリスキーなことです。

というのも、まず付け焼刃のような芸で稼ぐのは難しいでしょう。芸が難しければ難しいほど常に失敗のリスクもあります。

実際私も、大道芸人が大失敗をして変な空気になった現場にいたことがありますが、あれは肉体の強さだけではなく、メンタルの強さや機転を利かした話術なんかも必要ではないでしょうか。

そして何より、大道芸は年齢による壁があるということ。

年齢の壁と言ってしまうとアスリートもみんなそうだと思われるかもしれませんが、アスリートはそもそも稼ぐ額が違いますし、引退してもスポンサー契約やプロの経験を活かした仕事(コーチなど)もあります。

一方大道芸人の場合、怪我や年齢により芸ができなくなるとその時点で無収入。

好きなことを仕事にするのは素晴らしいことだとは思いますが、「大道芸を一生の仕事に」というのは非現実的なことかもしれません。

夢か収入か

そもそも稼ぐために「大道芸人になろう」と考える人はおそらくほとんどいないのかもしれませんね。

目の前にいる大勢の人を喜ばせて拍手喝采をもらうことにやりがいを感じる。路上パフォーマンスができれば収入は少なくても問題ないということなのかもしれません。

しかし、それでもやはり生きていくためにはお金が必要になります。

ましてや、養う家族などがいればなおさらです。

そこで私が考えるのが、大道芸人をやりながら並行して副業をするということ。

具体的には、芸以外の時間をブログ執筆やユーチューブ動画にあてましょう。

例えば、自身のできる特技(ジャグリングやディアボロなど)を指南するブログを書いたり、凄技を披露する動画を投稿してもいいと思います。

ついでにパフォーマンス予定の場所やイベントを告知するのもいいですね。

大道芸がイマイチうまくいかなくてもそれらで少し収入があれば、それだけで心の余裕も違うものになります。

アフィリエイトなどのネットビジネスは本業がどのようなものであっても、いくらでも応用が効く理想的な副業なのです。

夢にプラスアルファで副収入を得ましょう。

関連記事【初心者がアドセンスブログで稼げるのか?】3ヶ月間の収入と作成記録

まとめ

第一線で活躍される大道芸人でも、「稼ぐ」という点においてはなかなか厳しい世界です。

ですがそれでも、高齢になっても大道芸を続けている人はいます。

その人は芸の収入だけで生活することは厳しいが、年金があるのでなんとかやっていけるとのことでした。

ブラック企業だなんだと言われる今の日本では、たとえ収入が少なくても夢に向かって頑張るのはとても素敵なことではないでしょうか。

関連記事アルバイトやパートで働くフリーターにおすすめの副業ランキング

関連記事月収1万円の副業なら簡単に稼げるブログがおすすめ

関連記事「普通の人生」「普通に生きる」がどれほど難しいことか話したい