コールセンターのアルバイトは副業にどう?その実態と体験談を書く

ヘッドセット

高い時給のアルバイトといえば、「コールセンター」を考える人も多いのではないでしょうか。

短時間や週1日だけでも結構良い収入になるので副業向きとも言えますが、実際のところどうなのか。

過去に管理人がコールセンターで働いた体験談を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コールセンターの仕事内容

まずコールセンターの仕事内容についてですが、殊更書くこともなくただヘッドセット越しに会話をするだけです。

どういう業種のコールセンターかにもよりますが、相手は一般客の場合もあれば、店舗の人間を相手にする場合もあります。

電話対応は「受電」と「架電(電話をかける)」に分けられ、中には受電のみで募集している求人もあるので、探す際はその辺りも確認してみましょう。

携帯契約のコールセンターで働いてみた

コールセンターの時給額は1,500〜2,000円と他のアルバイトよりとにかく高い水準にあるので、私も過去に副収入目的で働いたことがあります。

内容は「携帯の契約」に関するもの。電話口の相手は基本店舗の人間です。

店舗は「ヨドバシカメラ」や「ヤマダ電機」など、携帯電話を取り扱っている家電店。

契約書類に不備があったり、店舗から質問があった場合にやり取りすることになりますが、私が感じたことはただ一つ、「並の精神力や忍耐力では務まらない」ということでした。

罵倒や暴言は当たり前の世界

相手が一般客でも店舗の人間であっても、罵倒や暴言は当たり前に経験します。

こちらに落ち度がないとかそんなことは一切関係なく、「お前覚えてろよ」「ぶっ○ろすぞ!」など、本当にそんな暴言を吐かれるのか信じられないと思いますが、これが本当にあります。

文面だけ見ればヤクザのそれと変わりませんね…笑

ニュースでもよく客のいき過ぎたクレームが取り上げられることがありますが、客だけではなく店舗の人間も大概です。

なので「対応するのは店舗の人だけだから安心」みたいな求人があっても要注意。

どの求人サイトにもコールセンターの募集がひっきりなしに載っているのは、それだけ精神的にやられて辞めていく人が多いということ。

ちなみに経験上、嫌な対応をしてくるのは基本男です。女性からは一度もありませんでした(もちろん丁寧な男性もいます)。

もし女性が主に相手のコールセンターであれば、そこまでストレスが溜まることはないかもしれません。

職場の人間関係は良好

業務自体は相当ストレスが溜まりますが、働く環境の人間関係は過去トップクラスに良好なものでした。

コールセンターというと従業員のほとんどが女性のイメージですが、私がいたところは男女半々。

年齢も様々で、下は10代から上は50代までいました。

日々電話口で汚い言葉を浴びせられているからか、本当に周りに対して優しい人ばかりで、それが救いとなり続ける人もいたと思います。

あくまで一つの職場環境の例ではありますが、もしかしたらコールセンターは比較的人間関係が良い傾向にあるのかもしれませんね。

関連記事【どう解決する?】職場の人間関係ほどめんどくさいものはない

コールセンターは副業としておすすめか否か

テレフォンオペレーター

以上の内容を踏まえた上で、コールセンターは副業としておすすめかどうかと聞かれれば、メンタルの強い人ならおすすめします。

そこまで嫌な思いをしてわざわざコールセンターで働く意味があるのか、疑問に感じる人もいると思いますが、やはりそれだけ時給が高いというのは魅力的。

「お金のため」と完全に割り切って働くことができればこれほど割の良いアルバイトは他にないでしょう。

特別な技術も資格も一切必要ないので、罵倒されることに何も感じない、あるいは慣れている人には(そんな人いるのか分かりませんが…)非常におすすめなアルバイトだと思います。

在宅で働くこともできる

コールセンターの中には、在宅で勤務可能な場合もあります。

在宅であれば家事や育児で忙しい主婦(主夫)の人でも隙間時間で始められそうですね。

また、同じように在宅で電話を使った働き方なら、占い師を副業にすることもできます。

コールセンターに比べれば時給額は劣るものの、客層は間違いなくこちらの方が良いでしょう。

関連記事【副業で占い師】電話・メールで相談に乗る特殊なアルバイト

まとめ

コールセンターは高時給な分、精神的な負担はかなりのものです。

デスクワークなので肉体的疲労感はありませんが、精神的疲労感は半端なものではありません。

決してこれからコールセンターをやってみたい人を脅すわけではなく、それなりの覚悟を持っておいた方がいいということ。

同じくらいストレスの溜まるコンビニアルバイトなんかに比べれば、対面するわけでもありませんし、何より時給も倍近く違うので圧倒的におすすめではないでしょうか。

関連記事【月1日からできる副業】エキストラのバイトを体験した話

関連記事【社歌って知ってる?】働くのが地獄だったあるIT企業の話



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする