財布はもう必要ない?急速に進む世界のキャッシュレス化

電子マネー決済 経済ニュース

ある企業では現金を必要としないキャッシュレスレストランをオープン予定とのことですが、今世界ではこの「キャッシュレス化」が急速に進んでいます。

今回は現金や財布を持ち歩かない人が増えていることについて書きたいと思います。

中国では決済のほとんどがスマホ!?

今中国では、決済のほとんどをQRコードで済ませるキャッシュレス化が進んでいます。キャッシュレス化とはその名の通り現金を一切使わないということ。

中国の若い人にとってはもはや現金で買い物を済ませることが前時代的であり、中には数年前から財布を持ったことがないという人もいるほどです。

結婚式の祝儀にも

例えばどんなものにキャッシュレス化が進んでいるのか。

その一つが、結婚式の祝儀です。

日本ではまだ考えられないかもしれませんが、中国では受付にあるQRコードにスマホをかざすだけで祝儀を済ませることができます。

これにより、現金を数える手間が大幅に省くことができたとのこと。

確かに人が多ければ多いほどこの作業には時間がかかりますよね。

ただ、新婦の等身大パネルにQRコードが貼ってあった様子はかなりシュールではありましたが…

情弱にはついていけない世界?

「現金は持たない」「財布も必要ない」というのはあくまで若者に見られる傾向で、いわゆる情弱と言われる人たちはこの限りではありません。

特に機械に疎いお年寄りにとってはまだまだ現金で支払うことが当たり前であり、この時代の流れについていけていないのが現状です。

しかしながら、お年寄りの全員が全員これに対して消極的なわけではなく、スマホの操作教室に通い始める人も増えているそうです。

日本のキャッシュレス化は?

ファミレス

キャッシュレス化の波は少しずつですが日本にも押し寄せています。

例えば、ロイヤルHDは東京日本橋で「キャッシュレスレストラン」を実験的にオープン予定とのこと。

店頭には「現金×」というマークが貼られておりレジもありません。

会計の際には店員を呼び、いくつかある支払い方法(クレジットや楽天Edyなど)から希望のものを選ぶだけ

お昼などのピーク時も会計で混むなんてことはありませんし、レジ締めもなければ現金の過不足も起きません。

業務が効率化されるため店員も少人数で十分となり人材不足の解消にも繋がります。

このようにキャッシュレス化が生むメリットは計り知れず、これからの世の中はあらゆるサービスでキャッシュレスが当たり前になってくるかもしれないということ。

すでにコンビニもSuicaやPASMOで支払いができるようになっていますが、あまり使い慣れていない人や一度も使ったことがない人は毛嫌いせずに慣れておきましょう。

日本のキャッシュレス化は遅れてはいますが、メリットが多い以上そう遠くないうちに広まりそうですね。

ビットコインも要因の一つ

キャッシュレス化が急速に進んだ背景には、仮想通貨(ビットコイン)が広く知れ渡ったことも要因の一つとして挙げられます。

スマホ決済とクレジットカードに加えて仮想通貨でもある程度支払いができるようになったことは大きく、「副業や投資ならビットコインは外せない!初心者向けに仮想通貨を解説」でも書いたように、公共料金の支払いを仮想通貨でも認める国があるほどです。

日本でも大手家電のビックカメラや1,000店舗以上の飲食店で仮想通貨による支払いが可能になりました。

また、支払いだけではなく仮想通貨の取り扱いを始める証券会社も増えており、私がおすすめするXMからも日々新たな仮想通貨についてのお知らせが届きます。

「未来の通貨」と言われる仮想通貨で支払いもスマートに済ませましょう。

まとめ

全ての人にとってキャッシュレス化が理想であり望んだ社会ではないかもしれませんが、世の中が求めるのであれば人もそれに合わせて生活を変えていかなければいけません。

私個人としては、物を持ち歩くのが好きではないのでスマホとスマホケースにクレジットカードを入れておくだけで済むのはとても便利。

万が一紛失や盗難にあっても現金のようにすぐに被害へ繋がることもありません。

数年後には日本でも現金を持ち歩かない人はもっと増えているかもしれませんね。