【日本は貯金貧乏】失敗を恐れずリスクを取る人間がお金を手に入れる

シェアする

真面目にコツコツと貯金だけしている「貯金貧乏」になっていませんか?

貯金するだけでは裕福になることは出来ません。リスクを取る人間が成功とお金を手に入れるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

リスクを取らない日本人

ただ働くだけでは、普通の生活さえままならない人もいるのが今の日本。しかしそのような状況であっても、日本人はリスクを取ることを嫌い、投資には消極的だと言われています。

それを裏付けるのが、日本と海外の家計資産の違いです。ある調査では、家計金融資産に占める投資の割合で日本は僅か10%程度、それに比べアメリカでは約50%もあるという結果になったそうです。

確かに日本人は堅実的なイメージがありますが、堅実過ぎるのも問題だと個人的には思います。

投資は悪?

失敗を恐れて投資を嫌う人間の根底には、「投資は悪」「お金に執着するのは汚い」という愚かな固定概念があります。

しかしそれは大きな勘違いです。もとより、物事の全ては投資から成っていると言っても過言ではありません。あなたが働く会社も株主によって支えられているのではないでしょうか。

株式公開をしていないとしても、会社を立ち上げた人が事業ローンを組んでいる可能性もあります。それもいわば事業を成功させるための投資です。

もし経験もなく頭ごなしに「投資は悪だ」と決めつけているのであれば、まずは投資とは何か知ることから始めましょう。

銀行預金に未来はない

バブル崩壊から一向に上がる気配を見せない日本の金利。堅実的な人はお金を貯めることを考えそうですが、今はこの金利目当てで銀行に預金する価値というのはほとんどありません。むしろ手数料の負担を考えると預けておく意味さえないと思います。

ある人は「銀行さよなら証券こんにちは」とさえ言っています。

せっせと貯蓄に勤しむのはナンセンス。お金は無駄に眠らせずどんどん投資に回しましょう。

また、低金利が及ぼす影響は銀行預金だけに限ったことではありません。年金なども金利によってその価値を保全しています。つまり、金利が低いと行政などにも頼れないということですね。

日本と海外の余生の過ごし方は全く違う

定年退職後も貯蓄に不安がありアルバイトをする高齢者が増えているようです。貯蓄がそれなりにあっても、不安で働く高齢者がいるとも聞きます。

確かに、生きている以上どんな不測の事態が起こるか分かりません。少しでも蓄えを増やしておきたいのでしょう。

しかしながら老体に鞭を打って働くのもいかがなものか。余生くらい穏やかに過ごしたいものです。

というのも、同じ高齢者の生活でも日本と海外とではまるで違います。前述したようにアメリカには個人投資家が非常に多く、定年退職後は投資でお金を増やし、そのお金で色々な国へ旅行したり趣味に没頭する人が数多くいます。

どう見ても後者の方が素敵な人生ですよね。

どうしてもリスクを背負いたくないなら

それでもどうしてもリスクは取りたくない人もいるでしょう。そのような人は一切リスクがない副業というのもあります。

それがアフィリエイトです。アフィリエイト以外にもリスクのない副業はありますが、最もおすすめなのがこれですね。

結果が出るのに多少時間はかかるものの、その期待値は大きく、初心者にも始めやすいのが良い点です。気になる方はこちらの記事でも詳しく書いています。

副業でアフィリエイトを考えている人は迷わずA8.net(エーハチネット)で始めることをおすすめします! 私が実際に利用してみたその使い...

まとめ

以上が、如何に日本人がリスクを取らず投資を避けているかという話でした。失敗を恐れる気持ちは分かりますが、失敗=悪いことではありません。

このブログでも様々な投資や副業をご紹介しています。投資は熱くなり過ぎず、破滅しない程度に始めてみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする