ブログ更新がめんどくさい人必見!サイト風ブログにして固定読者を獲得

お金を稼ぐコツ

ブログ運営をしていると必ず考えるのが「更新するのがめんどくさい」ですよね。ブログを書くのが楽しくて一度も怠いと思ったことがない人もいるのでしょうが、お金目的で始めた人の大体がしんどくなる時期はあると思います。

今回はそんなブログ更新が面倒な人向けに、とっておきの裏技をご紹介!

Webサイトとブログ

ネットビジネスの代表格と言える「アフィリエイト」や「アドセンス」。

それら広告を掲載するのが「Webサイト」もしくは「ブログ」になりますが、Webサイトの場合、ネットに公開できる状態まで作り上げるのはとても大変です。

しかしその分、一度完成させてしまえばあとはあまり更新することはなく、たまのメンテナンスだけでお金を生み続ける資産になります。

一方ブログの場合、その日のうちに始められるほど簡単です。

無料のブログサービスを使えばお金もかかりません。その代わりデメリットとして、PVを稼ぐには日々の更新が絶対条件です。

ブログ更新はモチベーションを維持するのが最も大変と言っても過言ではありません。

関連記事俺流!ブログ運営を続けるモチベーションを上げる3つの方法

どちらもこのようにメリットデメリットがありますが、ある人の例えがとてもわかりやすく感心しました。

それは、「サイトは書籍、ブログは週刊誌」という例えです。

サイトは一度出版したらあとは口コミなどで広まる書籍のようなもので、ブログは毎週新しい情報を届ける週刊誌のようなもの、ということですね。全くもってその通りだと思います。

「めんどくさい」はブログ運営のさだめ?

始めるのが簡単であるが故に挫折する人も多いブログ運営ですが、その一番の原因となるのが「面倒な更新」です。

最初こそ新鮮に感じて文章を書くのが楽しいと感じるかもしれませんが、それが半年、一年と続くうちに段々と億劫になってきます。

私自身も、このブログとは別の雑記ブログでは更新頻度が極端に落ちました。

特に更新頻度が落ちる人の傾向として、意外ですが収入が上がると更新が落ちるとも言います。普通モチベーションが上がりそうですよね。

収入だけでなく「単純に忙しいから」「書くネタが尽きたから」など、面倒になる理由は多々あると思いますが、それで更新を止めてしまうようではいつまで経ってもネットビジネスで成功することはできません。

かと言って、Webの知識もSEO対策も知らない素人がプロ並みのホームページを作ることはまず不可能。

飽き性でめんどくさがりの人間は諦めるしかないのか…そんなことはありません!

絶対に成功するとまでは言えませんが、更新頻度をかなり落としても固定読者を獲得する方法があります。

「サイト風ブログ」を目指す

その方法というのが、「サイト風なブログ」です。

サイト風なブログとは、訪れた人が閲覧した際に、サイトのような見え方をするブログということ。

例えば、一般的なブログの多くはトップページに最新の記事が表示されています。

更新頻度が高いブログならその日の日付であったり前日の日付で書いた記事がありますよね。

逆に更新がめんどくさくなってしまったブログは、これが一ヶ月前や数ヶ月前の記事で更新が止まっています。

そうなると、新しく訪問した人やリピーターは「運営者が更新を止めてしまったブログ」と思いブックマークから削除したり、再び来ることがなくなってしまう可能性があります。

そのような事態を防ぐ為に、トップページは常に固定のページが表示されるようにしておきましょう。

固定ページには過去に作成してきた記事を項目ごとに上手く並べ、一見サイトのように見える作りにします。

例えばこのブログを例にするなら、「副業初級編」「副業中級編」「副業上級編」のような項目を作り、その下に関連する記事を紐付けるというやり方。

よく他人のブログを読む人なら見たことあるかもしれませんが、この方法を行なっている人は結構います。

項目ごとに記事が整理されることで、ユーザーにとって必要とする情報がトップページからすぐに探しやすい、つまりユーザビリティの高いブログを目指すことで更新頻度の問題を解消することができます。

関連記事アフィリエイトサイトを作るのがめんどくさいなら購入するのがおすすめ

日付による対策

記事作成日の日付を表示させていると、最新記事の日付が古いことで更新が止まっていることは読者にわかってしまいます。

そのための対策として、日付を一切表示させないという方法もあります。

しかしこの方法は「読者を騙している」「SEO的に良くないのでは?」という意見を述べる人も。

読者というのは基本的に最新の情報を求めています。

一年前二年前に書いた記事をあたかも最新情報であるかのように見せたり、日付が重要な情報に対して日付を伏せたりするのは、確かに読者を騙していると感じる人もいるかもしれません。

SEOで不利に働くかどうかはハッキリとは分かりませんが、実際に日付を非表示にしていてもそれなりにPVを稼いでいるブログはあります。

特に意味もなく日付を非表示にするのはおすすめしませんが、サイト風ブログにするのであれば非表示にするメリットはあるのではないでしょうか。

まとめ

サイト風ブログと言っても、結局はブログであることに変わりはありません。

最初は有益で価値のある記事を最低でも100本は用意しましょう。

更新に関しても、一切の更新をしなくなればグーグルからの評価は下がり検索順位も落ちてしまいます。

あくまで、更新頻度を落としてもそれなりに読者を集めることができるかもしれないのがサイト風ブログなので、「こんなブログ運営の方法もある」という一つの参考になればと思います。

また、個人的にブログ運営を続けるコツとしては、ブログをシミュレーションゲームのような感覚で楽しむといいかもしれません。

関連記事アフィリエイトは本当に面白い!ある意味シミュレーションゲームのようなもの