ブログは記事数が物を言う!アクセス数云々の前にまずは書こう!

シェアする

ブログは記事数こそ全てと言っても過言ではありません。アクセス数について語りたいならまずはとにかく記事を書きましょう。

今回は「記事数」について書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

100記事書かないでアクセス数を語るのは早い

他人のブログを読んでいると、よく30記事や50記事でPVについて言及しているブログがありますが、個人的にはそのくらいの記事数ではどこのブログもPVは似たり寄ったりだと思います。

PV報告は参考になる人も多いので良いとは思いますが、PVを上げたいのであればまずはとにかく記事数を増やしていくのが王道。

可能であれば一日1記事!

一年で400記事近くも書くことができれば、二年目からは更新のペースを落としても良いと思います。

その頃にはPVもそれなりに大きなものになっているでしょうからね。

それだけ記事数とアクセス数は密接な関係にあります。

記事を増やす上での大前提

記事数はとても大事なものですが、当然ただ増やせばいいものではありません。以下に挙げることは大前提です。

オリジナルコンテンツであること

そのブログ、ひいては記事の中身がオリジナルのコンテンツであるということ。

書き手しか知り得ない情報や、訪問したユーザーにとって役に立つ情報を書くことでブログは評価されます。

コンテンツさえしっかりしていれば文才がなくても問題ありません。

100記事も200記事も書いていれば文章力は自ずと付いてきます。

最低1,000文字以上

ブログは文字数も大事な要素です。

「コンテンツが良いものであれば文字数は関係ない」と言う人もいますが、それでも個人的には最低1,000文字は欲しいかなと思います。

アナリティクスを見れば判りますが、文字数はユーザーの滞在時間に影響してきます

たった500文字程度ではユーザーもすぐに離脱してしまうでしょう。

くどい言い回しや無駄な文字を増やせばいいわけではありませんが、「あの情報も加えた方が説得力あるかも」なんてことがあれば積極的に書き加えることをおすすめします。

また、文字数が多いということは検索に引っかかるキーワードもそれだけあるということです。

思いもしなかったキーワードで検索結果の上位を取れるかもしれません。

ちなみにこのブログは1,500〜2,000文字以上の記事が多いですね。

SEOを意識しなくても記事数でアクセスは増える

アクセス数を上げるためにはSEO対策が必須と言われますが、中にはキーワード選定など全く意識しないで書いている人もいるのではないでしょうか。

私もサジェスト機能は利用しますがSEOを意識したキーワード選定はほとんど行っていません(グーグルアドワーズの仕様が変わってから使いづらくなったのもあります…)。

記事数を増やして思ったのが、記事数が多ければそこまでSEOって気にしなくてもいいのでは?ということです。

もちろんSEO対策をするに越したことはありませんが、対策を一切しなくてもひたすら記事数を増やすだけでアクセスはそれなりに増やすことができます。

事実このブログでPVが取れている人気記事の中には、キーワード選定を全くしないで書きたいことをただ書いた記事もあります。

にもかかわらずアクセスを集める記事になったということは、ただ記事を書きまくるだけでもヒットする記事は必ず生まれるということ。

個人的には、10記事書いて1記事そこそこPVが取れる記事が生まれたら御の字です。

SEO対策がよく分からない人は、まずは記事を増やすことだけを考えてみましょう。

まとめ

アクセスのためにSEOを考えると「記事タイトルはどうしようか」「どの分野なら検索一位が取れそうか」など、中身へ入る前に色々悩んでしまう人は多いと思いますが、その悩んでいる時間を使ってとにかく記事を書くことをおすすめします。

初心者や素人がどれだけ時間を費やしたところで最適なSEO対策は施せません。ましてやトップブロガーやオウンドメディアに勝つことは不可能。

ブログの更新頻度はインデックスにも大きく影響してくるので、悩む時間があるくらいならまずは指を動かして記事を書きましょう。

その方がよっぽどSEO対策になるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする