【もう銘柄選びで悩まない!】AIが株価を予想する「Phantomエージェント」

シェアする

もうこれからの株式投資は銘柄選びで悩む必要がなくなるかもしれません。それを可能にしたのが、株価を予想してくれるAIチャットボットの「Phantomエージェント」です。

どのようなものか見ていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

投資もAIの時代へ

このブログでは度々AI関連の話題を取り上げることがありますが、今回もとても気になるニュースがありました。

そのニュースというのが、AI技術を用いた株式投資です。本来、株の銘柄選びは投資信託でもなければ自分で悩みながら選びますよね。ところが、AI技術を利用することでその銘柄選びで悩むことがなくなります。

例えば、企業が決算を発表する「決算短信」というものがありますが、これを素人が見て企業の経営状況を判断しようと思ってもおそらく難しいでしょう。

そこで、AIの最新技術の力を借ります。その内容は、この決算レポートをAIが誰にでもわかりやすく解説してくれるのです。業績が好調か不調か、シンプルに伝わりやすい言葉でまとめることで株初心者の銘柄選びを助けます。

今はまだ大企業中心のようですが、今後は中小企業も視野に入れて展開していくとのことです。

プロ並みの予想をするAI「Phantomエージェント」

企業の業績をまとめてくれるAIがあれば、翌日の株価を予想してくれるAIもあります。それが、AIチャットボットの「Phantomエージェント」です。

AIチャットボットとは、一番分かりやすいものを例に挙げるとLINEの「りんな」でしょうか。「りんなが株価を教えてくれる」と考えると分かりやすいかもしれません。

驚くことにその的中率はおよそ8割!

熟練の投資家と遜色ない株価予想を叩き出します。

具体的な算出方法は、過去の膨大なデータからトレンドの流れを読み、翌日どのような動きをするか判断するようですね。

こちらもまだ販売を発表した段階なので、これから証券会社などで取り扱いを始めることになるでしょう。

投資の知識よりも扱うツールが重要か

初心者にとって今までの投資や資産運用というのは失敗が付きものでした。投資で成功した人の中にも、一度は資金を全て溶かしてしまったり、大きな借金を抱えてしまった経験がある人は少なくありません。

しかし、これからの投資はAIの参入によりそのようなリスクが減ると考えられます。初心者がいきなりプロと同じ土俵で戦うのも不可能ではありません。

「投資の知識はないがAIツールの扱いに長けてる」なんて人が儲ける時代が来るかもしれませんね。

まとめ

様々な業界で導入が進むAI技術ですが、やはり投資関連の話題からは目が離せません。Phantomエージェントは音声認識にも対応しているとのことなので、機械的なものが苦手なお年寄りでも扱いやすいのではないでしょうか。

また、AIは近い将来人の仕事を奪うとも言われていますが、人類の進歩には欠かせないものです。利用できるものはどんどん利用しましょう。

今やAI技術は日進月歩。このAI技術の発展によって近い未来、人間の出来る仕事の多くはロボットが行うようになるかもしれません。 もしそう...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする