著作権フリーのおすすめ画像素材サイト5選

著作権フリーのおすすめ画像素材サイト5選ブログ運営
スポンサーリンク

アドセンスブログやアフィリエイトサイトを作る際に何かと必要になるのが著作権フリーの素材ですが、数多くある素材サイトの中には会員登録したりクレジット表記をしなくてはいけなかったりと面倒なケースもあります。

そこで、今回は私が普段からお世話になっている一切面倒ごとのないおすすめのフリー素材サイトを5つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブログにとって切り離せないもの

このブログでもフリー画像を多く使用しているように、アイキャッチ画像から記事内の至るところまで、1本記事を書けば必ずどこか素材サイトに探しにいくほど必要なものです。

グーグルの画像検索で「○○ フリー素材」のように検索されている方も多いと思いますが、検索結果で表示された画像をそのまま使うのはよくない可能性があります。

私が利用しているサイトは全て商用はもちろん加工などもOKなので、気になったものがあったら是非ご活用してみてください。

利用規約はサイトによって様々

素材サイトによって利用規約はだいぶ違ってきますが、私が使わないのは主に「会員登録が必要」「クレジット表記が必要」「購入が必要」なものです。

とりあえず購入は論外。副業においては極力初期費用は抑えていきます。

会員登録はそこまで嫌うほどではありませんが、単純に面倒臭いというのが理由です。

クレジット表記は画像を多く使用するとブログのデザインを損ねる可能性があるのでこちらも利用しません。

画像はブログにとって大切なものですが、画像が原因で万が一何かトラブルになるのは勘弁ですよね。

おすすめフリー素材サイト5選

私が日々お世話になっているフリーの素材サイトを5つご紹介します。

足成

フリー素材サイト 足成
足成

素材サイトとして有名な「足成」さんです。

使用頻度は別にして、今回ご紹介する素材サイトの中では一番長く使わせていただいてるサイトになります。探したいキーワードでそれなりに見つかりますし画質が綺麗なのも特徴です。

素材サイト候補として入れておいて間違いありません。

ぱくたそ

フリー素材サイト ぱくたそ
ぱくたそ

こちらも超が付くほど有名素材サイトの「ぱくたそ」さんです。

綺麗なモデルさんや面白いモデルさんも多く、他の素材サイトにはないユニークな画像が見つかります。

ただし、画像の使い方によっては規約上禁止であったりクレジット表記が必要になる場合があるのでご注意ください(普通に使う分には全く問題ありません)。

GAHAG

フリー素材サイト gahag
GAHAG

画像内にも記載してある通り、現在こちらのサイトは「パブリックドメインQ」というサイトで更新されています。

画像のサイズも大きく綺麗で重宝しています。

掲載されている画像は全てパブリックドメイン化されているものなので完全自由に使用することができます。

パブリックドメイン(public domain)とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態または消滅した状態のことをいう。 日本語訳として公有という語が使われることがある。

ーパブリックドメイン – Wikipediaーより

Freebies DB(フリービーズディービー)

フリー素材サイト エレガント
Freebies DB

サイトやブログのデザインに沿った素材が探しやすいので主にサイト制作時に利用している素材サイトです。

Photo Chips

フリー素材サイト photo chips
Photo Chips

色から画像を探せたり細かい装飾用の画像が多かったりと、汎用性の高い素材サイトです。

画像がユーザーへ与える効果

ブログにとって画像はユーザーへ大きな効果を与える大切なものです。いくつかその理由を挙げてみましょう。

画像が後押しする

グーグルなどから検索した場合は記事タイトルとディスクプリションでしかユーザーのクリックを促すことができませんが、ブログにアクセスしてくれれば記事一覧にサムネとして設定している画像が目に入ります。

このアイキャッチ画像が記事タイトルとマッチすることでクリックの後押しも促してくれます。

箸休め的存在

文字しかないブログをどう感じるでしょうか。

個人的には文字だけだと途中で読むのが疲れてしまいます。

書籍などは元々じっくり読むこと前提なので別ですが、ネットの情報は「読みやすさ」が重要視されます。

サクッと知りたいのに文字だけが長々と書かれていたら読むのが億劫になってしまいますよね。

それを解消するためにh2などのタイトルごとに画像を挟んだりします。

適度に文字から画像へ目がいくことで緩急がつき、読みっぱなしの状態から自然とユーザーの目を休ませることができます。

画像一つでユーザーの直帰率なども下げられる可能性もあります。

加工してオリジナリティーを

素材画像をそのまま使うのはもちろん普通のことですが(私もほとんどそうです)、やはり有名なサイトを使うと多くの人が同じ画像を使っていることがあります。

あまりないとは思いますが、ユーザーに「このイラストあそこと同じだ」と思われるとオリジナリティにかけるので、少し加工して使うのがおすすめです。

ご紹介したサイトは全て素材の加工OKなので、写真は明るさなどで雰囲気を変えたり、イラストはペンで手を加えたりすると更に素敵になるかもしれません。

記事タイトルを画像の中に書くのもいいですね。

画像加工ソフトはこちらの記事でも紹介している「GIMP」という無料のフリーソフトを使いましょう。

WindowsでもMacでも無料で画像の編集・加工ができるフリーソフト「GIMP」
ブログやサイト運営で欠かせない画像の編集や加工ですが、WindowsでもMacでも簡単に無料で使えるフリーソフト「GIMP」のご紹介です。 Photoshopより使い勝手は劣りますが、無料でこれだけのパフォーマンスを発揮できる画像編集...

まとめ

画像の使い方が上手なブログは本当に見やすくなり、それだけで他よりワンランク上のブログに仕上がります。

無料の素材画像を使ってどんどん自分らしいブログを作りましょう。

今回挙げたサイト以外でも、素晴らしいと感じた素材サイトはまた随時ご紹介したいと思います。