ブログの文字数は何文字が理想?平均1000文字で書き続けた結果

アルファベット アドセンス

ブログ運営で悩むことの一つ「ブログの文字数は何文字が理想か」。

一概に答えは存在しないとも言われるこの問題ですが、私が実際に1,000文字程度で記事を書き続けてきてわかったことがあります。

今回はブログの文字数について色々書いていきましょう。

ブログの文字数

ブロガーの皆さんは一つの記事にどのくらいの文字数を使っていますか?

500文字や2,000文字、5,000文字以上という人もいそうですね。

冒頭でも書きましたが、これら文字数にはハッキリとした答えというものがなく、人によりその意見も様々です。

しかし明確な答えがなくても、文字数はブログ運営にとって必ず意識しなければいけません

大事なのは文字数よりも内容?

ネット上でよく言われるのが「大事なのは文字数よりも内容だ」という意見。

例えば文字数が1,000文字と3,000文字の記事があった場合、1,000文字の方がユーザーにとって意味のある記事だとグーグルに判断されると、文字数が少なくてもこちらの方が検索結果では上位に表示されます。

そのため、ただ文字数が多いだけでは無意味。

大事なのはあくまでコンテンツであるという意見には私も概ね同意です。

しかし、個人的には「内容が大事」だけで終わらせるのではなく、「内容」にプラスアルファで「文字数」を意識するのが答えだと思います。

「内容+文字数」が大事

ブログを読みに来た多くの人がその記事を読み終えたらブログからは離脱します。

これは内部リンクなどである程度解消できることではありますが、基本的に読者は知りたかったことが分かればそれ以上は滞在しません。

そしてこの読んでいる滞在時間(セッション時間)がどのくらいあるかはとても大事なこと。

文字数が500文字や800文字程度では、言わずもがな読むのにかかる時間は短いでしょう。

では3,000文字あれば安心かというと、それもまた違います。

セッション時間を長くするために文字数を多くしても、内容が伴っていなければ最後まで読まずにページから離れてしまいます

逆に内容が良くても文字数が少なければ結局セッション時間は伸びません。

つまり答えとしては、価値のある内容に加えてある程度の文字数があれば滞在時間を大きく伸ばすことができるのではないでしょうか。

理想の文字数

読者が読みやすい、且つ書き手にとってもバランス良く説明できる文字数は、およそ「2,000〜3,000文字」が理想かもしれません。

私自身、文字数はどのくらいが理想か気になってトップブロガーと呼ばれる人たちのブログを読み漁りました。

その結果、大体の方が一つの記事あたりこのくらいの文字数に落ち着いているようです。

確かにこのくらいの文字数が読むのに最もストレスがなく、気づけば最後まで読み終えている印象を受けました。

1,000文字で書き続けるとPV数や収入はどうなるか

このブログは開設当初から1,000文字を目安に書いて来ました。

中には書きたいことが多く3,000文字以上になっている記事もありますが、ほとんどが1,000文字ちょっとです。

そうなると上でも書いた通り、読者が一ページ読むのにかける時間は短く、滞在時間はおよそ一分もない程度

ブログを運営している方には分かる通り、これはかなり短い方だと思います。

また、ドメインを取得してからもう一年も経つのに月間PV数も未だ一万には届かず、月の収益に関してもアドセンスの支払い金額8,000円にはまだ届きません。

徐々に上がってはいますが、ペースとしては遅いと感じます。

そんな中、他の方のブログを見ていたときに記事数わずか30記事程度なのに月のPVが数万あるというブログを発見しました。

気になってその人のブログを色々見ていると、どの記事も文字数がかなりありました(5,000文字くらい)。

運営者も「記事の一つ一つに全力で取り組む」と公言しており、実際にブログを拝見するとその全力を注ぐ様子は見て取れました。

人気記事からテコ入れ!

このブログが価値ある内容を書けているかは別として、やはり1,000文字程度では少ないと判断。

今まで書いた記事全てにテコ入れをしていくことを決めました。

具体的には出来るだけ倍の2,000文字を目指したいと思います。

このブログは現在150記事近くありますが、一つ一つ見直していくのは相当労力を要します。

なので、まずはよく読まれている人気記事(PCだと右カラム、スマホだと下の方に表示されてます)からテコ入れすることにしました。

具体的には以下の点を意識しました。

  • 説明の足りない部分に肉付け
  • 関連する新しい情報を追加
  • 無駄な改行を減らし読みやすく
  • 内部リンクの見直し

まだ修正してから日が経っていないのでちゃんとしたデータは取れませんが、記事を修正した日と前日とでは明らかに修正後の方が滞在時間は長くなっています。

やはりブログは内容と同時に文字数もかなり重要な要素だと言えますね。

まとめ

「とにかく内容が大事!」で文字数を片付けるのではなく、内容に価値があることは前提として文字数も必ず意識してブログを作ることが大切です。

私としては、文字数が少なすぎて読まれないブログは多数見かけても、文字数が多すぎて失敗しているブログというのはあまり見かけません。

いっそ文字数をメインに意識したブログでPV数などがどのように推移するかやってみたいという思いもあります。

ちなみに、この記事で文字数は約2,200文字でした。

関連記事ブログの過去記事修正はSEO効果絶大!定期的にリライトすればPV数アップ

関連記事【300記事達成!】特化ブログのPV数と収益を公開