【イラスト制作を副業に】絵を描いて稼ぐ方法5選

シェアする

イラスト 副業 稼ぐ

絵が描ける人はそれだけでお金を稼ぐことが出来る!

イラスト制作を副業に、具体的に稼げる方法を5つご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

イラストレーターや絵師とは

絵を描く人を「イラストレーター」や「絵師」などと言います。

中には同じくくりにしないでほしいと考える人もいるようですが、簡単に分けるとイラストレーターがプロ(本業)で絵師がアマチュア(趣味)といった感じでしょうか。

ただの趣味と言っても、中にはとても技術が高い人もいます。実際どのくらいのレベルか見たい場合は、有名なイラスト投稿サイト「pixiv(ピクシブ)」などを見てみましょう。

イラストコミュニケーションサービスのピクシブでは、毎日数多くの人が創作活動をしています。

利用には会員登録が必要ですが、これから絵を始めたい人には欠かせないサイトの一つです。

絵が上手いことで生まれる可能性

子供の頃は誰でも一度は絵を描いて遊ぶことがありますが、年齢を重ねるにつれてほとんどの人が絵を描くことはしなくなります。

そのため、幼少期に絵を描いた経験が乏しい人は「絵心がない」なんて言われたりもするかもしれません。

逆に絵が好きでずっと描いてきた人は、人体の描き方から顔の表情まで非常にリアリティ高く描くことができますよね。

そしてこの「絵を描く才能」を持っている人の中には、様々な方法でお金を稼ぐ人がいます。

具体的に稼ぐ5つの方法

私がおすすめするイラスト業で稼いでいる人達の「稼ぎ方」を5つご紹介します。

サイト・ブログに掲載

自身が運営するサイトやブログへイラストを掲載する稼ぎ方です。

サイトとブログの違いですが、サイトの場合はいわゆる「素材サイト」として運営する形になります。

以下で紹介している素材サイトはほとんどがパブリックドメイン化した画像を掲載しているだけのものですが、形としてはこのようなサイトが理想。

関連記事【著作権フリーの画像素材サイトはどこ使う?】おすすめサイト5選

素材サイトとは、訪問した人が誰でも掲載されている画像やイラストをダウンロードして利用することができるサイトのことです。

そのためダウンロードは無料でできるようにしましょう(有料にするのがダメということではありませんが、アマチュアのレベルではハードルが高いので現実的ではありません)。

無料でダウンロードにしてしまっては何でお金を稼ぐのか…それは、広告収入です。実際に多くの無料素材サイトがこの方法で収入を得ています。

次にブログの場合ですが、こちらも基本的にはサイトと同じく広告で稼ぎます。

少し違う点は、イラスト掲載以外にも絵を練習したい人向けに描き方やコツなど関連した記事も書くことでアクセスの入り口が広がります。

ブログで「イラストなんでも描きます」と依頼を呼びかけてみるのもいいですね。

クラウドソーシングを使う

イラストやデザインの制作は、クラウドソーシングサービスでもよく募集されているジャンルです。

自分のレベルに合った募集にアプローチしてフリーデザイナーとして活躍してみましょう。

クラウドソーシングはランサーズなどが有名です。

関連記事【在宅ワークならここがおすすめ!】クラウドソーシング「ランサーズ」とは

同人誌の販売

アニメ系のイラストが得意な人は、同人誌を作成して毎年夏や冬に行われるコミケや文学フリマに出店する方法もあります。

聞いた話だと、コミケではある程度の画力さえあれば同人誌でそれなりに稼げるので、とにかく一度参加してみるのが良いとのことです。

中にはたった数日で数百万円売り上げたという人もいるそうです。

関連記事【自作した漫画や小説で稼ぐ】誰でも出店できる「文学フリマ」とは

同人誌とは少し違いますが、オリジナルの漫画が描ければ「電子書籍」として出版する方法もあります。

出版するまでの費用も全て無料で行えるのでこちらもおすすめの稼ぎ方です。

関連記事【電子書籍で印税生活】デジタル出版を無料で簡単に始める方法

SNSの利用

ツイッターなどSNSで定期的に描いたイラストを投稿し続けて自分のファンを作りましょう。

良い作品であればあるほどシェアされる可能性も高くなるので、上手くいけばそれほど時間をかけずに人気になれるかもしれません。

少しずつ見てくれる人が増え始めたら、「ツイッターのアイコンやヘッダー画像の作成します」といった募集をかけます。

依頼が来る場合はそのままツイッター上でダイレクトメールも使えるので手間がかかりません。

念のため、事前にトラブルを防ぐためにも作成期間や要望に応じた金額設定などはしっかり決めておきましょう。

また、イラストを通して集客ができれば依頼がなくても稼ぐことは可能です。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

関連記事【ツイッターだけで月収10万円!?】スマホとSNSの二つがあれば稼げる副業

オリジナルキャラクターの制作

一時期ゆるキャラが爆発的にヒットしたように自分でオリジナルキャラクターを作るという稼ぎ方。

人気を出すのは簡単なことではありませんが、少しでも固定のファンを獲得できればお小遣い程度稼げている人がいるようです。

その方はイラストからまずは存在を知ってもらい、そのキャラクターをグッズ化して商品販売で稼いでいるとのことでした。

今はペンタブで描く人が多い

イラストや絵といえば筆やペンで紙に描くものだと思いますが、今では多くの人が「ペンタブ」を使っています。

イラストに限らず有名漫画家でペンタブを使用されている方も増えました。

決して安くない買い物ではありますが、これから始めてみたい方は最初のうちからペンタブを扱うことに慣れた方がいいかもしれませんね。

まとめ

「イラストが描ける」「絵が描ける」というのは副業においてかなりの強みです。

練習すればするほど上達し、スポーツなどとは違い年齢の壁もなく、いつ始めても遅いということはありません。

稼ぎ方に関しても今回挙げた5つの方法だけではなく、pixivで自分の作品を掲載している場合は、企業などから仕事のオファーが来るように依頼用フォームを設置するやり方もあります。

副業目的だけではなく何か新しい趣味を探している人は、これから趣味も兼ねて始められてはいかがでしょうか。

関連記事【その趣味でブログを始めよう!】趣味特化のサイトは稼げる

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

フォローする