【シェアビジネスを副業に】中国でも話題のシェアリングエコノミーとは

変わった仕事・アルバイト

中国では「シェアリングエコノミー市場」が急成長しています。物やサービスをシェアすることが何故これほどまでに注目を浴びるようになったのか。

今回は話題のシェアビジネスについて副業含めご紹介したいと思います。

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミーとは、物やサービス、個人が持つスキルなどを貸し出す仲介サービスのことを指します。近年このシェア事業は世界中で拡大している注目のビジネスです。

広まるその背景には、やはり物価の上昇などで消費者の財布の紐が固くなったことが挙げられます。物やサービスを買うより「借りる」方がコスパは良いですよね。

そしてお隣中国ではこのシェアリングエコノミー市場がとてつもない急成長を遂げています。

中国で凄まじい急成長

10年後の中国ではGDP(国内総生産)のおよそ2割以上をシェアリングエコノミーが占めるとも言われています。

それだけ中国ではこの市場に関心を寄せており、あらゆる企業やサービスが取り入れ始めています。例えば、日本でも都内だと見かける「自転車の貸し出し」も中国では広く普及しています。

また、ある書店では本の貸し出しを始めたそうです。「それってもはや図書館では?」と思いますが、利用者は図書館で本を借りるより手間がかからないとのことでした。専用のアプリでバーコードを読み取るだけというのは確かに楽そうです。

しかし、明るい話題の一方で問題視されているのが「捨てる行為」。借りた物を平然と捨てるなんて日本ではあまり考えられませんが、中国では借りた自転車や傘などをそのまま返さず捨ててしまう人が多いとのこと。

そのため、中には「シェアリングエコノミーは淘汰される可能性がある」と危惧する人もいるんだとか。

こんなシェアビジネス(副業)がある

実際にどのようなシェアビジネスがあるのか。いくつか具体例を挙げてみましょう。

空き家を貸し出す(民泊)

民泊はまさにシェアビジネスと言えるでしょう。

使っていない空き家を誰かに貸し出すビジネスです。ここ数年で外国人観光客が急増したこともあり、今では民泊ビジネスに参入する大手企業もあるくらいです。

「民泊.com」では民泊ビジネスを始めたい人向けに転貸許可のある物件を紹介しています。空き家がなくても始めることができるので気になる方は見てみましょう。

【空き家を活かす副業】外国人をターゲットにした民泊ビジネス
空き家や別荘を宿として他人に貸す「民泊ビジネス」。 今や大手企業も参入するほど巨大市場と化していますが、今後もさらに増え続けるであろう外国人観光客をターゲットに、使っていない物件を所有する人には大注目の副業について書きたいと思います。...

駐車場を貸し出す

自宅の空いている駐車場を貸し出す副業もあります。詳しい内容はこちらの記事で書いています。

【駐車場オーナーで稼ぐ!】空いている駐車場を貸し出す副業「akippa(あきっぱ!)」
空いている駐車場があれば誰でもすぐにオーナーとして稼ぐことが出来ます。今回は所有する駐車場を利用した副業「akippa(あきっぱ!)」についてご紹介したいと思います。

クラウドソーシング

このブログでも度々紹介している「クラウドソーシング」も実はシェアリングエコノミーの一つ。

クラウドソーシングでは個人の持つスキルを誰かのために貸す、つまりシェアしているということになります。クラウドソーシングで副業を始めるならランサーズやシュフティがおすすめです。

【在宅ワークならここがおすすめ!】クラウドソーシング「ランサーズ」とは
在宅ワークで活用される方も多い「ランサーズ」というクラウドソーシングについて書きます。 ちょっと自宅で仕事をしたい方にはピッタリの副業・お小遣い稼ぎになると思います。
【在宅ワーク人気No.1】データ入力アルバイトをやってみた感想
在宅ワークで最も人気が高いのが「データ入力」です。 PC一台あれば誰でも始めることが出来る上に業務自体も至って簡単。空いた時間にサクッと出来るので家事や育児で忙しい人にもおすすめです。 「在宅」「通勤」それぞれ経験した私が感想な...

「時間」を貸し出す

あなたの空いている時間を貸し出すという副業もあります。

内容は「ただの暇つぶし」や「仕事や恋愛の相談」など、ほとんどが誰にでもできる簡単なものです。人と接するのが好きな人にはおすすめです。

【話すだけでお金になる?】時間をシェアする副業「TimeTicket(タイムチケット)」
面白いサービスを見つけたのでご紹介! あなたの時間を別の誰かにシェアするという変わったお金の稼ぎ方ができる「タイムチケット」。 実際にどのようなシェアがあるのか見ていきたいと思います。

まとめ

以上が注目を集めるシェアビジネスでした。リスクを嫌がる日本人に「貸す」という行為があまり向かないとも言われますが、上でも紹介したような「時間」や「スキル」を貸し出すのは特にリスクもないため副業に良いのではないでしょうか。

何にせよ貸す方も借りる方も、お互い気持ちの良いやり取りをしたいですね。