コインランドリー副業で稼ぐ3つのコツ!人気の放置系オーナー業

コインランドリーお金を稼ぐコツ
スポンサーリンク

サラリーマンが副業として始めるオーナー業の中でも、とりわけ人気なのが「コインランドリー」です。

設備投資などの初期費用を用意すれば、あとは比較的放置で利益を生み続けてくれるので忙しい人にもおすすめ。

今回はコインランドリーをビジネスにしたい人必見の稼ぐコツを3つご紹介します。

スポンサーリンク

毎月10万円の利益も夢じゃない!コインランドリーオーナー

サラリーマンとしてそれなりに勤続して余裕ができたら始めたいのが資産運用ですよね。

ですが「今から参入して儲かる市場はあるのか」「これから何十年先と利益を出し続けることができるのか」など、投資には色々と不安がつきものです。

そこで一つおすすめしたいのが今回タイトルにもある「コインランドリー」

かかる費用のほとんどを銀行から借りてコインランドリーを開業したり、洗濯代行サービスで起業したり、実際に始めた人はローンを返済しながらでも毎月数万円の利益になっているとのこと。

何より定期的な売り上げ回収くらいで基本的に放置できるのがこの副業の魅力ですよね。

コインランドリー副業を成功させる3つのコツ

コインランドリーを始めたい人向けに、成功させるためのポイント(コツ)を3つご紹介したいと思います。

顧客は「マンション・アパート・団地」から取り込む

このビジネスで一番大事なのが「立地」です。

もはやこれが全てと言っても過言ではありません。賃貸の駅近なんかとは比べものにならないレベルで大事な条件です。

狙うべきは「マンション」「アパート」「団地」などの集合住宅がある地域

狭い間取りなど、限られたスペースや一人で生活しているこの層が最もコインランドリーを利用すると言われています。

逆に戸建ての家庭が利用することはほぼありません。大体どこも家庭用洗濯機がありますからね。

なので場所を選ぶ際は、周辺地域の建物や年齢層など、よく調査してから決めるようにしましょう。

ちなみに個人的な話ですが、昔から知る小さな個人経営のクリーニング店が今現在でも営業しており、経営を維持できる理由を聞いたところ「顧客のほとんどは周辺にある団地の常連」とのことでした。

チェーン店にも負けずに営業できる理由は、やはり立地によるものということですね。

安心安全!防犯対策に力を入れる

コインランドリーは窃盗・盗難が多い場所でもあります。

基本的に洗濯機や乾燥機には鍵が付いておらず、利用者がその場を離れることで衣類を盗む輩がいます。

そのためにも、必ず防犯対策は施しましょう。

防犯カメラは必須ですし、設置していることも大々的に貼り出して知らせる必要があります。

また、利用経験から小さなコインランドリーだと店内が少々暗いことがありますが、それもターゲットにされる原因の一つ。店内は明るくして犯罪者が寄りつきにくい環境にしましょう。

他にはないサービスで他との差別化を図る

コインランドリーといえば「洗濯するところ」ですが、今では都内を中心に風変わりなコインランドリーが続々と誕生しています。

実際に行われているサービスや、あれば客足が伸びそうなサービスをいくつか挙げてみましょう。

  • スタッフを常駐させる
  • スニーカーなど靴専用の洗濯機を設置する
  • 店内に音楽を流す
  • 無料Wi-Fiを使えるようにする
  • 雑誌や漫画コーナーを置く
  • 無料でコーヒーを提供する
  • 洗剤のボトルキープができるようにする

もはや漫画喫茶のようなサービスもありますが、このように従来のコインランドリーの域を超えることで大きく売り上げが伸びる可能性があります。

費用こそかかりますが、例えばスタッフを雇えばこれ以上ない防犯にもなりますし、初めて利用する人に使い方を教えることもできます。

人がいるだけで様々なサービスが可能になりますよね。

また、洋服だけではなく、このような靴専用の洗濯機を設置する店舗も増えています。

シューズ コインランドリー

靴は自宅ではなかなか洗いにくい物なので、こういった「洗濯=洋服」という常識の枠にとらわれないことが必要かもしれませんね。

今後も安定する?コインランドリーがなくならない理由

新しい副業やビジネスを始める上で気をつけなければいけないのが、これから何年何十年先と続けることができるのかということです。

個人的には、コインランドリービジネスは安定感があると思っています。

理由としては「高齢化が進む」からですね。

訳あってアパートや団地で一人暮らしを始める高齢者は今後さらに増加していくでしょう。

そうなれば、なかなか自分で毎日洗濯して干して畳むなんてことも難しくなります。

ですが持ち運ぶだけでそれら全ての工程を行なってくれるコインランドリーが近所にあれば、単純に洗濯で利用するだけではなく、地域住民とコミュニケーションが取れる憩いの場になる可能性もあります(前述した個人経営のクリーニング店もまさにそのような感じでした)。

人にとってなくてはならない衣食住であるというのも、このビジネスが衰退しない理由の一つではないでしょうか。

まとめ

オーナー業の中でも始める価値が十分にあるのがコインランドリー事業です。

他店とは一線を画することでいくらでも顧客を獲得できる可能性もあり、立地次第ではそれらも必要とせず安定した利益を出し続けることができます。

洗濯は趣味や嗜好ではなく「生活に必要なこと」ですからね。

世の中からなくなることはまずないでしょう。

開業資金がなくても少ない頭金で融資を受けて始める人もいるので、「不動産ほど大きな買い物は怖いけどそれなりの規模で投資を始めたい!」という人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

本業以上に稼ぐ副業!オーナー業を始めるサラリーマンたち
オーナー業とサラリーマンについて興味深い番組を拝見したので、ざっとどのようなものだったか所感含め書きたいと思います。 中には本業である会社員の収入より副業で始めたオーナー業の方が儲かっているという人もいます。 これから会社員の傍...
駐車場オーナーで稼ぐ!空いている駐車場を貸し出す副業「akippa(あきっぱ!)」
空いている駐車場があれば誰でもすぐにオーナーとして稼ぐことが出来ます。今回は所有する駐車場を利用した副業「akippa(あきっぱ!)」についてご紹介したいと思います。